CSR

活動報告(最新)

※画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。


2018.09.25

CSRコミュニケーションレポート2018発行

当社は、2012年より「CSRコミュニケーションレポート」を発行しており、今年で7年目を迎えました。今回の表紙イラストは、昨年に引き続き花咲く書道家の永田紗戀様に、「芽生え」を描いていただきました。 2018年度版には、創立50周年という節目の年でもあり、創業から現在まで続く当社の歩みやCSR活動を振り返る内容を特集として掲載いたしました。また「レスター大学での3年連続CSR講義」や、外部有識者に田中宏司先生と山田雅穂先生を迎えたステークホルダー・ダイアログなども盛り込んでいます。 次年度以降も、活動内容が深まったレポート内容となるように努めてまいります。


CSRコミュニケーションレポート2018発行
 

2018.09.03

「ヘアドネーション支援自動販売機」を本社ビルに設置

JHD&C(ジャーダック)は、ヘアドネーション(髪の寄付)によって製作した人毛100%のオーダーメイドフルウィッグを、病気などでウィッグを必要とする子どもたちに無償提供しているNPO法人です。当社では、2015年3月からJHD&Cへの協力を開始し、完全個室を備えるアデランスサロンを採寸(頭のサイズ計測)やウィッグお渡しの際に提供しております。また、2016年からはウィッグの製作協力も行っています。 近年、著名人によるヘアドネーションが話題になり、ウィッグの提供希望や毛髪の寄付が急増しています。毛髪の寄付が集まってきている一方で、JHD&Cでは活動資金となる寄付金収入が少なく、ウィッグの製作が追い付いていないという課題がありました。そこで当社では、「ヘアドネーション支援自動販売機」の取り組みに賛同し、当社のCSR活動「愛のチャリティ」とコラボしたデザインの自動販売機を、新宿のADビルに2台、AD本社ビルに3台設置することを決定しました。今後、全国のアデランス店舗への設置も進めていきます。


「ヘアドネーション支援自動販売機」を本社ビルに設置
 

2018.09.02

JFL FC大阪主催試合「大阪府SDGs・健活10スペシャルマッチデー」に協賛

2018年9月2日(日)に、キンチョウスタジアム(長居球技場)(大阪市東住吉区)で行われた、第20回日本フットボールリーグセカンドステージ第6節FC大阪vsMIOびわこ滋賀の試合「大阪府SDGs・健活10スペシャルマッチデー」を協賛し、試合会場にブースを出展しました。また、キックインセレモニーに当社医療事業推進部部長の大里修治が参加致しました。 大阪府では、若い世代から働く世代、高齢者まで、幅広い府民が生涯にわたって主体的な健康づくりに取り組んでもらえるよう、『健活10』をキャッチコピーに健康づくり事業が実施・推進されています。 当社経営理念の「笑顔と心豊かな暮らしに貢献すること」と大阪府の『健活10』が共通するものがあると感じ、今回の「大阪府SDGs・健活10スペシャルマッチデー」を協賛し、当社は乳がんの早期発見・早期診断、早期治療を支援する「ピンクリボン活動」を行い、来場者への啓発活動を実施しました。


JFL FC大阪主催試合「大阪府SDGs・健活10スペシャルマッチデー」に協賛

JFL FC大阪主催試合「大阪府SDGs・健活10スペシャルマッチデー」に協賛
 

2018.09.01

劇団四季ミュージカル『キャッツ』のエンターテイメント・ウィッグ製作のノウハウを活かして1988年に誕生したVALAN®の30周年記念商品発売

当社女性用レディメイド・ウィッグブランド「フォンテーヌ」の主力商品である「VALAN®」は、『キャッツ』から学んだノウハウを活かし、激しいダンスにも対応できる耐久性と通気性を備えた素材をウィッグの土台に採用しました。また当時のレディメイド・ウィッグは、カットやセットはせずに、そのままお客様にお渡しすることが常識となっていましたが、当社では、お客様に合ったウィッグを目の前で仕上げるという、新しい発想の提案をしたことで、お客様のご満足とより高付加価値を提供することができました。以来、おかげ様で多くのお客様にご愛顧いただき、今年で「VALAN®」はブランド発足30周年を迎えました。


VALANの30周年記念
 

2018.09.01

CSRラジオ放送「笑顔のつながり」の開始

当社のCSR活動を1人でも多くの人々に知っていただくことを目的に、FMラジオを通じたCSRラジオ「笑顔のつながり」を2018年9月より放送を開始しました。当社のCSR活動の考え方や4つの象徴的なCSR活動等をMCの浜菜みやこさんと共に紹介しています。

「おはようサンデー」
毎週日曜日 朝7時~8時55分
(「笑顔のつながり」は番組内8時30分~45分のコーナー)
全国のコミュニティFM放送局にて放送


CSRラジオ放送「笑顔のつながり」の開始

CSRラジオ放送「笑顔のつながり」の開始
 

2018.08.27

愛のチャリティ:直近5年間で1,431名のお子さまにウィッグを無償提供

当社は、「お子さまの髪の悩みを心の傷にしないために」をテーマに、病気やケガなどの理由でウィッグを必要とされるお子さま(4歳から15歳まで)へウィッグをプレゼントする「愛のチャリティ」を、創立10周年の1978年から開始し40年に渡り続けています。元々期間限定で行われていたキャンペーンでしたが、2012年より通年に変更しました。また、2014年3月からはすぐにウィッグが必要なお子さまのために、オーダーメイド・ウィッグだけではなく、レディメイド・ウィッグのプレゼントも開始しました。直近5年間の活動では、計1,431名のお子さまにウィッグをプレゼントしました。


愛のチャリティ:直近5年間で1,431名のお子さまにウィッグを無償提供
 

2018.08.11

英国の名門レスター大学で日本企業として初めて3年連続のCSR講義

2018年8月11日(土)、英国のレスター大学より正式に招聘され、MBAの学生を対象にレスター大学にて当社の戦略的CSRに関する講義を行いました。2016年より2年連続で、日本企業としては初めてMBAの学生向け特別講座にて講義を行ったところ、大変好評であったことから、今年もMBAの正規授業の中で講義を行うことになりました。 当社代表取締役社長の津村佳宏が、「ECSR三方よし経営~グッドカンパニーの実現に向けて~」をテーマに、当社沿革への歴史的考察と企業の成長における事業と一体化した戦略的CSRの重要性を、グローバルCSR広報室担当の執行役員 箕輪睦夫が、「コア事業と一体となった戦略的CSR」をテーマに、CSR活動推進によってアデランスグループにもたらされたポジティブな結果例を、グローバルCSR広報室の室長 新田香子が、広報とCSRが1つの部署になって可能になった「活動の数値化」について、アデランスUK社GMアネル・ワイヤットが、英国における戦略的CSR活動について、説明をしました。また、アデランスUK社のウィッグアンバサダーであるアロペシア患者でロンドン、リオで2大会続けて金メダルを獲得した英国自転車競技選手のジョアンナ・ロウセル氏はビデオメッセージで、「自転車競技が私の人生に自信を与えてくれて、ウィッグが私自身を取り戻させてくれた」と、熱いコメントを学生へ贈りました。


英国の名門レスター大学で日本企業として初めて3年連続のCSR講義
 

2018.08.04~08.05

第36回日本美容皮膚科学会総会・学術大会においてランチョンセミナーを2年連続で共催

2018年8月4日(土)~8月5日(日)、東京において開催された第36回日本美容皮膚科学会総会・学術大会で、当社がスポンサーシップをとるランチョンセミナーを昨年に続き2年連続で共催しました。当社共催のセミナーでは、「毛成長デバイスとしての赤色LED:基礎から臨床へ」をテーマに、大阪大学大学院医学系研究科皮膚・毛髪再生医学寄附講座特任教授 乾重樹先生が講演し、別府ガーデンヒルクリニックくらた医院院長でアデランスのメディカルアドバイザーである倉田荘太郎先生が座長を務めました。


第36回日本美容皮膚科学会総会・学術大会においてランチョンセミナーを2年連続で共催
 

2018.08.03

ラオスにおける水害被害に対する支援物資と義援金の提供

2018年7月23日にラオス人民民主共和国南部アタプー県で大規模な水害が発生しました。当社のラオス現地法人で、ウィッグの製作などを行うラオ・クオリティ社では、緊急の支援物資として、古着やサンダル、即席麺などの支援物資と義援金を災害支援受付場所へお届けしました。また、災害支援受付場所へ支援物資を届ける際、被災地への貢献の為、ラオ・クオリティ社の社員数名がボランティアとして参加しました。


ラオスにおける水害被害に対する支援物資と義援金の提供
 

2018.08.01

米国人気ウィッグ会社2社をグループ化

アデランスグループでは、以前より米国内における女性市場拡大の機会を探ってまいりました。今回、子会社化するアメコア社とエステティカ社は米国内で女性用レディメイド・ウィッグの卸売りを行う会社です。特にアメコア社は、現在、当社が不足しているリソースであるアフリカ系アメリカン市場に強みを持っており、これにより、当社では米国内における新たな市場への参入と米国市場でのシェアの更なる拡大を図ってまいります。アメコア社のリソースを起点に、世界的市場であるアフリカ系市場のグローバルシェアの拡大を進めてまいります。


米国人気ウィッグ会社2社をグループ化
 

2018.07.22〜08.05

JHD&C親子イベントに協力

Japan Hair Donation & Charity(JHD&C =ジャーダック)が主催したイベント「ヘアドネーションを学ぼう!夏休み親子イベント」に協力しました。イベントは7月22日(大阪会場)、7月29日(東京会場)、8月5日(福岡会場)の3日間行われ、当社は「ウィッグ試着体験:ウィッグってどんな付け心地?見て触れて、体験しよう」にて、ウィッグの提供と試着体験のサポートを実施しました。


JHD&C親子イベントに協力

JHD&C親子イベントに協力

JHD&C親子イベントに協力
 

2018.06.29

タイのウィッグ寄贈式 合計270枚を病院に寄贈

当社はタイにウィッグの生産工場をもつ縁から、がん患者様の脱毛による悩みの低減を目的に、タイの病院へのウィッグ寄贈を2012年より毎年実施しています。2018年は3つの病院に270枚を寄贈し、開始以来累計で2,164枚のウィッグを寄贈してきました。


タイのウィッグ寄贈式 合計270枚を病院に寄贈
 

2018.06.24

RYNSHU(リンシュウ)2019年SPRING/SUMMERパリコレクションにウィッグ協力

2018年6月24日(日)に、フランス・パリの「HOTELムーリス」のペントハウスで行われPARIS COLLECTION「RYNSHU(リンシュウ)2019年SPRING/SUMMERコレクション」にウィッグ協力しました。 今回のコレクションでは、前回に続きアデランスグループ・ウィッグデザイナーのNORIKOとリンシュウ氏がデザインを共同創作しました。 当社のウィッグがパリコレクションの場に使用されるのは、今回で4回目となります。     


RYNSHU(リンシュウ)2019年SPRING/SUMMERパリコレクションにウィッグ協力
 

2018.06.22

One World プロジェクトへのお手入れ支援サービス延長決定

東日本大震災で被災された患者様向けに、ウィッグのお手入れ等のサービスを通常価格の半額で提供する「ウィッグお手入れ支援サービス」を、2012年7月から現在にわたり提供してきました。本サービスは2018年6月末までの支援サービスを予定していましたが、継続のご要望が多く寄せられたため、2019年6月30日(日)まで延長することになりました。 本サービスは、東日本大震災で被災された患者様に医療向けウィッグなどのケア用品を届ける支援団体「One World プロジェクト」様に賛同したもので、同団体が提供したウィッグを対象に、シャンプーやヘアカットなどのお手入れを通常価格の半額で行います。CSR活動の一環としてサービス提供を開始し、現在は東北6県の全19店舗でサービスを継続して提供しています。


One World プロジェクトへのお手入れ支援サービス延長決定
 

2018.06.15

働きながらがん治療を行う女性をサポートする医療用ウィッグを新発売

30~60代女性のがん治療と仕事の両立を支援する医療用ウィッグ「TEAM Rafra(チーム・ラフラ)」を、がん患者生活サポート会社・株式会社VOL-NEXTと共同開発し、2018年6月から発売しました。 医療用ウィッグの着用については、職場や外出時など「外」に出る時に注目が集まりがちです。しかし、がん罹患者には、子供を持つ母親も多く、中には母親の外見の変化に驚く子供もいます。これまで通りの生活を送るために、自宅で使用できる医療用ウィッグが求められています。 「TEAM Rafra」は、VOL-NEXTがこれまでサポートしてきた約20万人の患者から学んだニーズやノウハウを活かし、がんに罹患しても、自分らしく意欲を持ち、治療と生活(仕事)を両立させることを目的に開発したウィッグです。職場と家庭の両面でサポートするため、オン(外出用)とオフ(自宅用)で1日を通して着用できるよう2枚1組となっています。1つは、仕事や外出など、女性が社会に出るときのための「Rafra Main」。もう1つは、病院や自宅などでリラックスするときに着用する「Rafra Ex」です。


働きながらがん治療を行う女性をサポートする医療用ウィッグを新発売
 

2018.06.14

金沢工業大学にてCSR講義を実施

2012年より特別講義を実施している金沢工業大学にてCSR講義を実施いたしました。今回は、工学部3年生約470名の学生が出席されました。500名近い人数の学生が、私語ひとつなく真剣な面持ちで話を聞き、特に「技術科学者倫理」の授業ということもあり、ウィッグや人工毛髪の製作について興味を持っていただきました。


金沢工業大学にてCSR講義を実施
 

2018.06.12

創立50周年記念社内研修セミナーを実施

『これからの企業運営を考える・ダイバーシティによる経営改革』をテーマに、創立50周年記念社内研修セミナーを実施しました。当日は、BERC 特別首席研究員 田中 宏司様、中央大学総合政策学部 兼任講師 博士 山田 雅穂様、 当社・東日本カウンセリング室長 伊藤 あおいが登壇し、女性の管理職社員83名が出席いたしました。出席者からは「ダイバーシティとCSRが密な関係を持ち連動していくことが大切だと考えさせられた」などの活発なコメントがでて、今後当社が目指す方向性などについて考える機会となりました。


創立50周年記念社内研修セミナーを実施
 

2018.06.01

全国規模の環境保全活動による一層の社会貢献を実施
「フォンテーヌ緑の森キャンペーン エコロジカルプロジェクト」

使われなくなったウィッグの回収を促す環境キャンペーン「フォンテーヌ緑の森キャンペーン エコロジカルプロジェクト」を、6月1日(金)~ 8月31日(金)の3ヵ月間に渡って実施します。本キャンペーンは、2009年から実施しており、今年で10周年を迎えます。 昨年度からは、活動地域を全国に広げ、集めた拠出金を7つのエリアの環境支援団体と協力し、環境保全活動に使用しています。2009年から実施している本キャンペーンは今年で10周年を迎え、植樹本数は山梨県と東北エリアを合わせ、1,262本に達しました。また、2017年度までに活動面積は12,459㎡となりました。


フォンテーヌ緑の森キャンペーン エコロジカルプロジェクト
 

2018.05.31

第117回日本皮膚科学会総会においてランチョンセミナーを2年連続で共催

2018年5月31日(木)~6月3日(日)、広島県広島市において開催された第117回日本皮膚科学会総会で、当社がスポンサーシップをとるランチョンセミナーを昨年に続き2年連続で共催しました。 当社共催のセミナーでは、「AGA診療における光線療法の役割り」をテーマに別府ガーデンヒルクリニック くらた医院 院長でアデランスのメディカルアドバイザーである倉田 荘太郎先生が講演し、大分大学医学部 客員教授の板見 智先生が座長を務めました。


第117回日本皮膚科学会総会においてランチョンセミナーを2年連続で共催
 

2018.05.17〜05.25

大学にてCSR講義を実施

2018年5月17日(木)に帝京平成大学(受講者:約330名)、2018年5月23日(水)に創価大学(受講者:約200名)、2018年5月25日(金)に関東学院大学(受講者:約200名)にて、CSR講義を実施いたしました。 いずれの大学もたくさんの学生が出席され、当社のCSR講義の質問の他に、資料について貴重な意見をいただき、双方にとって有意義な講義となりました。


大学にてCSR講義を実施
 

2018.05.16

第106回日本美容外科学会において2年連続でイブニングセミナーを共催

2018年5月16日(水)~17日(木)、東京において開催されたて開催された第106回日本美容外科学会で、当社がスポンサーシップをとるイブニングセミナーを共催しました。 当社共催のセミナーでは、「低出力レーザーとLEDによるAGA治療法の考え方」をテーマに、別府ガーデンヒルクリニック くらた医院 院長でアデランスのメディカルアドバイザーである倉田 荘太郎先生が講演し、美容外科の権威である大阪大学大学院 医学系研究科 形成外科学 招聘教授の高田 章好先生が座長を務めました。


第106回日本美容外科学会(JSAS)において2年連続でイブニングセミナーを共催
 

2018.05.16

第26回日本乳癌学会学術総会において2年連続でランチョンセミナーを共催

2018年5月16日(水)~18日(金)、京都において開催されたて開催された第 26 回日本乳癌学会学術総会で、当社がスポンサーシップをとるランチョンセミナーを共催しました。 当社共催のセミナーでは、「抗癌剤脱毛を予防する!」をテーマに、大分大学医学部 消化器・小児外科学講座 教授の猪股 雅史先生が講演し、筑波大学医学医療系 乳腺甲状腺内分泌外科 准教授の坂東 裕子先生が座長を務めました。


第26回日本乳癌学会学術総会においてアデランスが2年連続でランチョンセミナーを共催
 

2018.04.29

「緑の森キャンペーン」東北エリア:宮城県石巻市大谷川地区/給分地区を訪問

2009年に始まった「フォンテーヌ緑の森キャンペーン」は、2017年より、キャンペーンの一部を使ってNPO法人さくら並木ネットワークの活動支援を開始しています。NPO法人さくら並木ネットワークは東日本大震災の大津波到達点へ桜の木を植樹することで、100年に1度は必ず起こる津波の際、住民避難の目印となることを目的として活動しています。2017年は宮城県石巻市大谷川地区、2018年は宮城県石巻市給分地区にて桜の植樹を行いました。 今後も、お客様と一体になったCSR活動を推進し、日本の自然遺産を未来の子どもたちへ残すため、全国規模の環境保全へと展開を広げていきます。


「緑の森キャンペーン」全国展開第1弾 東北エリア:宮城県石巻市大谷川地区
2017年4月石巻市大谷川地区訪問時



「緑の森キャンペーン」全国展開第1弾 東北エリア:宮城県石巻市大谷川地区
2018年4月石巻市大谷川地区訪問時
 

2018.04.28

十勝毎日新聞イベント「まちマイNEWS西帯広編」に協力

2014年、帯広三条高校によるNHK放送コンテスト出品作品『髪の絆』に、当社は取材等に協力しました。それをきっかけに、十勝毎日新聞社の取材に応じたことから、今回同社主催の『十勝から広がる髪の絆』をテーマにしたイベントに参加しました。 イベントでは、『髪の絆』の上映、医療用ウィッグ・愛のチャリティパネルなどの展示、パネルディスカッションがあり、また、『髪の絆』を通じて当社が出会うことになったNPO法人JHD&Cの渡辺代表理事のメッセージもありました。


十勝毎日新聞イベント「まちマイNEWS西帯広編」に協力

十勝毎日新聞イベント「まちマイNEWS西帯広編」に協力
 

2018.04.20

アデランス・UK社アンバサダー・ジョアンナ・ロウセル氏来日イベントを開催

アロペシア(脱毛症)であり、元英国女子自転車競技金メダリストのジョアンナ・ロウセル氏は、アデランス・UK社のウィッグ・アンバサダーとして活動いただいています。今回、ジョアンナ・ロウセル氏来日を記念したイベントを開催しました。 イベントでは、東京医科大学・坪井教授、円形脱毛症の患者会・武田会長、日本大学大学院・吉村様、JHD&C渡辺代表理事、当社からは代表取締役社長 津村佳宏、執行役員 グローバルCSR広報室 箕輪睦夫、アデランス・ヨーロッパ社リン・ハリス顧問(前アデランス・UK社社長)が参加し、「円形脱毛症に関するプレスセミナー」「アデランスのグローバルCSR活動に関する説明会」を行いました。イベント出席者に、円形脱毛症への更なる理解を深めていただき、また当社のグローバルで永続的で健全なCSR活動についても知っていただく機会となりました。


アデランス・UK社アンバサダー・ジョアンナ・ロウセル氏来日イベントを開催

アデランス・UK社アンバサダー・ジョアンナ・ロウセル氏来日イベントを開催
 

2018.04.16

「第1回世界ウィッグ技術競技大会」を開催

2018年に創立50周年を迎えるにあたり、「世界ウィッグ技術競技大会(Wig Design World Challengeship Award 2018)」を初めて開催しました。 アデランスグループ世界19の国と地域62社の技術者の中から、世界各国で予選会を行い勝ち抜いたトップのヘアデザイナーを集め、その技術力を競い、「オーダーメイドメンズ部門」「オーダーメイドレディース部門」「レディメイド部門」それぞれの部門で優勝者を決定しました。 経営理念の1つ「最高の技術と知識」を体現すべく、50周年を機にアデランスグループ一丸となって、さらなる技術力向上に努めて参ります。


第1回世界ウィッグ技術競技大会」を開催

第1回世界ウィッグ技術競技大会」を開催
 

2018.04.13

「アニーダブレー福岡けやき通り」がJapan Brand Collection Hair salon Excellent130 に選出

「アニーダブレー福岡けやき通り」が、全国24万3,360店舗ある美容室の中から、「Japan Brand Collection Hair salon Excellent130」に選出されました。 「Japan Brand Collection Hair salon Excellent130」は、優れた美容室を 130 店舗選出し紹介した、株式会社サイバーメディア発行による書籍です。「アニーダブレー福岡けやき通り」は、 一般の美容室で提供しているサービスに加え、スカルプケアやヘアケア、ウィッグデザインなど専門的な技術や接客力の高さが評価され、さらに口コミサイトに寄せられたご利用者様の声に対しても高い評価をいただきました。


「アニーダブレー福岡けやき通り」がJapan Brand Collection Hair salon Excellent130 に選出
 

2018.03.19

3月19日は「ウィッグ(wig)の日」

3月19日は、一般社団法人日本記念日協会へ当社が制定した「ウィッグ(wig)の日」です。 3を右に90度回転させるとアルファベットの「w」に見え、1は「i」、9は「g」と認識でき、つなげると「wig」(ウィッグ)と読めることから「ウィッグ(wig)の日」としています。
 また、ウィッグを、『大人女性のキレイをプラス』するアイテムとして、より身近に、より気軽にオシャレを楽しむマストアイテムとして活用していただきたいとの想いから、インターネット限定のアウトレットウィッグブランド「O-WIG by FONTAINE(オーウィッグ バイ フォンテーヌ)」のショップを、「ウィッグ(wig)の日」である2017年3月19日にオープンいたしました。


3月19日は「ウィッグ(wig)の日」
 

2018.03.11

コミュニティFM局の特別番組「KIZUNA Station」の放送

全国のコミュニティFMのネットワークを通じて震災関連番組「KIZUNA Station」が3月11日に放送されました。この番組は、「復興を目指す東北の象徴として「福島」の今、震災から学んだ自然災害への教訓を伝える」がテーマで、当社は2015年より同番組を通じて、当社の東北エリアにおけるCSR活動をに紹介してきました。これから先も年に1度訪れる「3月11日」という日を私たちを含めた後世に伝え続けるべく、当社としても東北エリアでの活動を続けていきます。


コミュニティFM局の特別番組「KIZUNA Station」の放送

コミュニティFM局の特別番組「KIZUNA Station」の放送
 

2018.03.01

アデランス50周年記念オフィシャルブック「アデランス by AERA」発売

創立50周年を記念し、アデランス50周年記念オフィシャルブック「アデランス by AERA」(発行元:朝日新聞出版)が2018年3月1日に発売されます。ウィッグから育毛、毛髪研究、舞台芸術など、当社の幅広い事業を多角的に紹介しています。

(ご参考)
書籍 「アデランス by AERA」の詳細(amazonのWebサイト)


アデランス50周年記念オフィシャルブック「アデランス by AERA」発売
 

2018.02.28

「NPO法人 円形脱毛症の患者会」へのサポートを開始

毛髪で悩まれている方々への支援を目的に、「NPO 法人円形脱毛症の患者会」(理事長:東京医科大学皮膚科学分野 主任教授 坪井 良治)へサポートを開始しました。 円形脱毛症は、だれにでも起こりうる病気ですが、一般には十分に理解されていません。また、生命には関係しませんが、見た目への影響は大きく、そのため患者の悩みは深刻です。しかし、患者数が多い割には、病気の性質や適切な治療法、生活上の注意点などが十分に理解されていません。 「NPO法人 円形脱毛症の患者会」へのサポートを通じて、今後は円形脱毛症患者を対象にしたイベントを共催するなど、様々なサポートする活動を行う予定です。


「NPO法人 円形脱毛症の患者会」へのサポートを開始
 

2018.02.16

野村證券・岡山支店にてハッピーライフセミナーを実施

CSR活動の一環として野村證券が実施している「ハッピーライフセミナー」が野村證券岡山支店にて開催され、当社が招聘を受けセミナーを実施しました。当日は、当社のCSR活動の紹介をするだけでなく、中国営業部・森本部長、AD岡山・神谷ブロック長、AD倉敷・今井店長、AD広島・本間ブロック長、天満屋岡山店・小野、高島屋岡山店・松本、西日本営業統括部・伊東、AD営業企画部・中村が参加し、ウィッグによるヘアスタイルの楽しみ方やスカルプ育毛ケア、アクティブエイジングケアなどの紹介や体験などを実施しました。


野村證券・岡山支店にてハッピーライフセミナーを実施

野村證券・岡山支店にてハッピーライフセミナーを実施
 

2018.02.08

ヨーロッパ6社目となるスペイン法人「アデランス・トータルヘアソリューション・イベリア」を設立

2018年2月にアデランス・トータルヘアソリューション・イベリア社(スペイン・バルセロナ)を設立いたしました。今回の設立により、アデランスグループは19の国と地域で事業を展開し、グループ会社数は62社となります。なお、スペインは他の欧州諸国と比較して、毛髪関連の需要が高く、人々の毛髪に関する興味は他国よりも高い傾向であることから、今回の設立に至りました。 世界のお客様の毛髪の悩みを解決するため、当社のトータルヘアソリューションをスペインに推し進めてまいります。


ヨーロッパ6社目となるスペイン法人「アデランス・トータルヘアソリューション・イベリア」を設立
 

2018.01.31

大阪府公民連携フォーラムへの出席

大阪府が主催する「大阪府公民連携フォーラム」に参加しました。大阪府は「公民戦略連携デスク」という、公民連携に関するワンストップ相談窓口を、都道府県で初めて、2015年4月に設置しています。大阪府内の企業・大学・医療機関などの団体と、当社のCSR活動との連携に向けて努めて参ります。


大阪府公民連携フォーラムへの出席
 

2018.01.31

ライフネット生命とコラボレーション開始

ライフネット生命保険株式会社と当社は、がん罹患者様へのサポート体制の構築と医療用ウィッグへの理解促進を目的にした提携を、2018年1月31日より開始しました。 ライフネット生命では、2017年8月から働く人のためのがん保険を発売し、併せて「がん生活サポートサービス」という、がん罹患者様へのサポートサービスも開始しております。今回の提携により、「がん生活サポートサービス」の中で、当社はアピアランスケアという側面から、がん罹患者様へのサポート体制の構築に協力して参ります。


ライフネット生命とコラボレーション開始
 

2018.01.21

RYNSHU(リンシュウ)2018-2019年AUTUMN/WINTERパリコレクションに協力

2018年1月21日(日)に、フランス・パリの最高級ホテル「ル・ムーリス」で行われたPARIS COLLECTION「RYNSHU(リンシュウ)2018-2019年AUTUMN/WINTERコレクション」にウィッグ協力しました。当社のウィッグは、2017-2018年AUTUMN/WINTERコレクションよりパリコレクションの場で使用され、今回が3回目となります。
 今回、アデランスグループ・ウィッグデザイナーのNORIKOとリンシュウ氏が、全31種類のウィッグを共作し、登場したモデル全員にウィッグを提供いたしました。
 これからも時代の流行をいちはやく発信するパリコレクションでの協賛をはじめ、更にスタイリッシュで機能的なファッションウィッグを積極的に開発、展開し、更なるブランド力の強化に今後も取り組んでまいります。


RYNSHU(リンシュウ)2018-2019年AUTUMN/WINTERパリコレクションに協力
 

2018.01.17

駿河台大学にてCSR講義を実施

2018年1月17日(水)、駿河台大学「地域企業論」の授業において、当社がCSR講義を実施致しました。駿河台大学でのCSR講義は2013年より5年続けての開催となります。 講義当日は、大学生1,2,3年生や海外留学生など約190名の学生が出席され、当社グローバルCSR広報室室長 八木専吉が「事業と一体化したCSR活動について」、グローバルCSR広報室 南采沙が「『笑顔のために 第3版』完成までの道のり」について説明いたしました。 出席した学生からは、「お客様のため、アデランスの事業内容は多岐に渡り、いろいろなサービスを提供している点が興味深かった」「CSR活動が最終的には企業の利益へと繋がっていることに驚いた」などの感想があり、当社のCSR活動に対する理解を深めていただくきっかけとなりました。


駿河台大学にてCSR講義を実施

駿河台大学にてCSR講義を実施
 

2018.01.16

第49期アデランス全国ロープレ・スタイリング大会 ~第2回フォンテーヌレディメイド部門~」を開催

お客様への接客力や、レディメイド・ウィッグ(既製品)のカット、スタイリングなどの技術力を競う大会「第 49 期アデランス全国ロープレ・スタイリング大会 ~第 2 回フォンテーヌレディメイド部門~」を、2018年1月16日に開催しました。 「アデランス全国ロープレ・スタイリング大会」は、全国にあるアデランスの百貨店・直営店・GMS店舗で働く正社員・契約社員(2017年12月末現在 771名在籍)の中から、「ロープレ部門」「スタイリング部門」それぞれの部門において、技術力の高い1名を選ぶ大会です。当社は2018年は創立50周年を迎えます。4月には世界大会を実施する予定で、世界各国のグループ会社からトップの技術者が集い、競い合います。今回のスタイリング部門の優勝者は、その世界大会への出場権を獲得しました。 今後も、アデランスグループ一丸となり、技術力の向上に努めて参ります。


第49期アデランス全国ロープレ・スタイリング大会 ~第2回フォンテーヌレディメイド部門~」を開催
 

2018.01.14

BERC CSR部会にて当社CSR活動を発表

経営倫理実践研究センター(BERC)のCSR部会にて、当社が実施するCSR活動について事例発表を行いました。今回は、「グローバルCSR」として、海外販社で行われているCSR活動事例を中心に、各国においても日本のCSRの取り組みと連動して「自社の強みを社会で活かす」を基本精神に、「笑顔を広げる」活動を実施していることをご紹介しました。


BERC CSR部会にて当社CSR活動を発表
 

2018.01.13

輝く女性を応援 大前知誇様の定期レクチャーコンサートに参加

輝く女性を応援する一環としてウィッグを提供しているチェリストで料理家の大前知誇様のレクチャーコンサートに、フォンテーヌ営業企画部部長 藤生善則、グローバルCSR広報室室長 八木専吉が参加いたしました。大前知誇様へのウィッグ提供は2016年4月から始まり、チェロのコンサート時や料理教室開催時にご使用いただいております。当社は、自分らしく生き、今を輝く女性の皆様を、毛髪・ウィッグを通じたサポートを続けて行きたいと考えています。


輝く女性を応援 大前知誇様の定期レクチャーコンサートに参加
 

2018.01.11

大分大学との共同研究成果を商品化

当社は、大分大学との共同研究から生まれたスケルプケアローション「HairRepro MEDI α」を、2018年1月11日(木)に発売いたしました。大分大学と当社の研究チームは、2013年より頭皮ケアをテーマに 新規αリポ酸誘導体の研究を進めてきました。この商品は、乳がんなどで抗がん剤治療を行う方でも使用できるように開発したもので、頭皮を本来の健やかな状態に保ちます。また、新規αリポ酸誘導体を頭皮用として利用するのは、世界で初めての商品となります。 今後も、当社は大学研究機関等と様々なテーマの共同研究を進め、商品力を高めることでお客様の喜びの輪を広げていきたいと考えています。


大分大学との共同研究成果を商品化