コーポレートメッセージ Corporate Message

当社は、CSR(企業の社会的責任)という言葉が広く浸透する前から、様々な社会貢献活動を実施して参りました。例えば、病気やケガ、火傷などで、ウィッグを必要とするお子さまをサポートするため、ウィッグをプレゼントする「愛のチャリティ」を40年以上継続しております。
また、お客様の笑顔のために、「最高の商品」を開発すべく、産学連携による研究開発、文化活動に貢献するため、ミュージカルや映画、コンサート、ドラマなどへの技術協力など、積極的に実施しております。
これら以外にも、患者様の QOL 向上を目的とした病院内ヘアサロンの展開や、環境問題を考えた植林活動などを行っております。
今後も私たちは、常に社会問題に向き合い、CSR 活動を社員一丸となって取り組んで参ります。

アデランスのCSR活動とは What is Aderans CSR?

アデランスでは創業以来、社会的価値を持った活動が社内に存在してました。それらを「事業と一体化した価値創造型 CSR」として明示。組織内を横断した掘り起しを行い、活動の見える化を実現しました。それは社内外の広報活動や、「CSRコミュニケーションレポート」・「小冊子:笑顔のために」を通じて、皆様にお届けしております。さらによりお客様に近い場所で、国内外を問わず新たな領域へと広がる CSR 活動を展開しております。

Point
01
事業と一体化した
価値創造型CSR

アデランスグループのCSR活動は、「社会的価値を持った活動」をさらに深め、広げていくことで、お客様や社会からの信頼に基づいた、健全で永続的な企業成長を目指すことです。
コンプライアンスCompliance
CSCustomer Satisfaction
基本的な
社会的責任
お客様への責任
価値創造型CSR
事業と一体化した価値創造型CSR

Point
02
三方よし(売手よし、
買手よし、世間よし)
経営の確立

当社の経営理念の根底にあるのは「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」の「三方よし」という江戸中期の近江商人の考えです。これはCSR活動の根幹にもなっており「社員」「お客様」「地球環境」への責任を果たすために、事業と一体化した活動を行っております。

Point
03
「誰も置き去りにしない」
ユニバーサルデザインの
視点

抗がん剤による治療で髪の毛を失うという、つらい時期に当社の医療用ウィッグに出会い、回復した後はおしゃれなウィッグで生活を楽しんでいただく。ウィッグはどんな時も笑顔を提供してくれるユニバーサルデザイン性があります。

Point
04
「社会的価値を持った活動」
の「見える化」

当社が、「社会的価値の創造」のため、これまでどのような取り組みを行ってきたか、そして現在行っている内容を中心に、「CSRコミュニケーションレポート」「CSR小冊子:笑顔のために」の2種類の冊子にまとめました。
バックナンバー

アデランスのCSRは
世界的な視野で
取り組んでいます

学術文化活動
お客様の安心安全
環境への取り組み
社会・地域貢献

アデランスのCSR動画 CSR Movies

アデランス CSRチャンネル

アデランスSDGsの取り組み SDGs Initiatives

持続可能な
開発目標(SDGs)とは
持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001 年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
アデランスでは価値創造型CSR活動を、SDGsの各目標との関連付けを進めています。