進化する育毛技術(4/6) 女性の抜け毛や薄毛、脱毛症の原因

2015年8月13日

発毛・育毛に関してはこの人に聞け 「進化する育毛技術」 ~もう諦めない抜け毛薄毛の悩み~
発毛・育毛に関してはこの人に聞け 進化する育毛技術 ~もう諦めない抜け毛薄毛の悩み~
日本臨床毛髪学会 / 常任理事 アデランス / メディカルアドバイザー 別府ガーデンヒルクリニック / くらた医院院長 倉田荘太郎医師 監修

女性の抜け毛・薄毛 ~知っていますか?髪とのつきあい方~


みなさんは髪とのつきあい方を考えたことありますか?


女性ホルモンの減少による抜け毛・薄毛は年齢を重ねれば誰もが経験する自然なことであり、避けて通ることはできません。であれば、抜け毛・薄毛とどう向き合っていくかがポイントとなります。そのためには、まず自分の髪のことをよく知ることから始めましょう。


女性の脱毛の種類は様々。それぞれ対処法は違います。


脱毛とひとくちに言っても、円形脱毛症など種類は千差万別。年齢を重ねることでホルモンのバランスが崩れて起こる「女性の男性型脱毛(FAGA)」をはじめ、亜鉛欠乏症や貧血などに より引き起こされる「疾患ベースの脱毛」、妊娠・出産など生死に関わる過剰なストレスにより起こると言われている「急性休止期脱毛」などそれぞれ原因も対処法も違います。


特に急性の脱毛に関しては、いち早く医師に相談することが重要。症状に対し適切な処置をしなければ、最適な効果は得られませんので、まず自分がどのような脱毛症なのかを知ることがお悩み解決の一歩です。

女性の多い脱毛例 | 進化する育毛技術

年齢を重ねれば誰もが経験する「女性の男性型脱毛」、その対処法とは?


女性の脱毛の3割ほどを占める「女性の男性型脱毛」。この脱毛症は男性ホルモンが原因となっています。女性の体内には女性ホルモンだけでなく、男性ホルモンも男性の10%ほど存在していますが、年齢とともに体内の女性ホルモンが減少していくので、相対的に男性ホルモンの割合が増加。


遺伝的に毛根における男性ホルモンの感受性が高い家系の方では抜け毛・薄毛が進行していくというメカニズムです。


これは一定の割合の女性にとっては避けられないことで、心配しても意味がなく、症状と向き合っていくしかありません。とはいえ、頭部のボリュームが少なくなっていくのは女性としてはさみしいもの。対処法としてはウィッグで見た目をカバーしたり、育毛成分の投与などを行うことで進行を遅らせ発毛につなげることが可能です。


ただ、その際に注意したい点としては、女性に適さない治療法があるということ。例えば男性にとって高い効果があるとされているフィナステリドの服用。これは妊娠に影響が出てしまうため行えず、別の治療法としてミノキシジルの外用治療を勧められます。この他にも様々な育毛成分を用いた治療法がありますが、自分の判断で何を使うかを選択することはリスクが大きいといえます。


急速な脱毛の時には、すぐに病院へ。そうでない場合も医師や毛髪の専門家に相談しましょう。


進化する育毛技術 (1/6)抜け毛や薄毛、男性型脱毛症の原因
進化する育毛技術 (2/6)セルフチェックと毎日の予防と対策
進化する育毛技術 (3/6)もし男性型脱毛症になってしまったら
進化する育毛技術 (5/6)正しい髪の毛の手入れ(ヘアケア)法
進化する育毛技術 (6/6)女性の抜け毛や薄毛の治療

おすすめ記事