頭皮は大丈夫? 「シート増毛・貼る増毛」の知っておきたい知識!

2017年5月19日



最近、髪の毛が薄くなってきたと感じたとき、あなたはまずどういう対策をしますか?


薄毛の対策として、ウィッグ(カツラ)や育毛剤、地毛1本1本に人工毛を付ける増毛方法があります。


そしてもう1つ、増毛シートとでもいうべき方法をご存知でしょうか?これは人工毛を植えたシートを頭部の必要な個所に直接貼る増毛方法です。 これだけを聞くと、頭皮に負担がかかったり、炎症になったりするのでは、と不安な方もいるかもしれません。そこで今回は、増毛シートを検討する際の不安や疑問にお答えします。



■手軽ではじめやすい!「増毛シート・貼る増毛」とは?




増毛シート・貼る増毛とは、透明で見えにくい極薄のシートに人工毛がつけられていて、そのシートをそのまま頭皮に貼り付ける増毛方法です。
一度付けたからといって外せない物ではなく、専用のリムーバーなどで外すことも可能です。


シートが網目状になっているタイプもあり、通気性と粘着性により優れているので、激しいスポーツやシャンプーの際の安心感を高めています。


■増毛シート・貼る増毛のメリットとデメリット


増毛シート・貼る増毛は、体験してみないとどういう物なのか分かりません。そこで増毛シート・貼る増毛のメリットとデメリットをお教えします。


メリットとしては、増毛シート・貼る増毛は、普通の増毛ではできない髪の毛が生えていない部分にも対応が出来ます。極端なことを言えば手のひらに髪が生えたように見せることもできます。


髪の量も選べるのでボリューム感をコントロールすることができ、増毛した部分の髪の毛を引っ張ったりしても簡単には取れません。シンプルな方法でありながら、使用する面積や量を変えることで、徐々に増やしていきたいという要望にも応えることができます。


また、施術はシートをカバーしたい部分の頭皮に貼るだけなので、自髪1本1本に増やしていく増毛方法に比べて短時間で済むというメリットもあります。


メリットが多い反面、デメリットも存在します。まず地肌に直接シートを貼り付けて常に密着しているため、慣れないうちは違和感を覚えることがあるかもしれません。特に肌が弱い場合、夏場など汗をかきやすい時期はシートと地肌との間の蒸れによりかゆみなどの発生も考えられます。


シートを頭皮にぴったり密着させるため、使用する部分の自分の髪は剃る必要があります。もともと髪が細くなっている部分以外にも、使用する場所や求めるヘアスタイルによっては太い髪が残っていても剃った方が自然に見えることもあります。


■気をつけよう!「増毛シート・貼る増毛」で頭皮が炎症する?




増毛シート・貼る増毛を行う場合、頭皮にどのような影響が出るのか心配ではないでしょうか?


頭皮に密着させるので、今までほど充分に頭皮を洗うことができにくくなります。そのため、付けている期間が長いと痒みや炎症に繋がる可能性もあります。そうならないためにも月に1回~2回はメンテナンスを行い、シートの取り付けなおしをすることをおすすめします。


炎症を起こす原因である菌の繁殖を防ぐにために、毎日のシャンプーを基本として常に頭皮の清潔さを保つ必要があるのです。


増毛を検討している誰しもが、頭皮への負担に不安を感じるかもしれません。しかし、増毛法とその正しい取り扱いに対する情報と知識をもっていれば安心です。 自分に合った増毛方法で薄毛の悩みを解消し、日々の生活を楽しみましょう!


おすすめ記事