植毛と増毛、どちらの選択が最適?【種類別のメリットデメリット】

2017年3月15日

目次:

■植毛の方法は2種類!あなたにあった方法は…

(1)自分の髪を移植「自毛植毛」のメリットとデメリット

(2)人工毛を頭皮に埋め込み「人工毛植毛」のメリットとデメリット

■増毛法の種類は3つ!あなたにぴったりの方法とは…

(1)人工毛を利用してボリュームアップ「結毛式」

(2)24時間付けっぱなし可能「編み込み式」

(3)頭皮に貼り付けるだけ!「全面接着式」

■増毛・植毛のどちらも合わない方は…



「最近髪が薄くなってきたかもしれない…」「以前より髪が細くなったなぁ…」など、髪にまつわる悩みは多いものです。


まだ大丈夫と思っていても、薄毛に関しては自分の気付かない箇所から進行しているなんてこともあります。そんな悩みを抱え、髪を増やしたいという方のために植毛と増毛の違いやそれぞれのメリット、デメリットなどをご紹介していきます。



■植毛の方法は2種類!あなたにあった方法は…



植毛とは、薄毛の気になる部分の頭皮に穴をあけて、毛を植え込むことです。増毛や育毛とは違い、医療行為に当たるため、専門の医療機関で手術を受ける必要があります。手術法も人工毛植毛と自毛植毛の2種類に分けられています。


(1)自分の髪を移植「自毛植毛」のメリットとデメリット


自分の髪を頭皮に移植する手術になります。自分の髪を移植するため、副作用がなく、薄毛を根本的なところから改善することができるという最大の効果が得られるため、この手術を選択される方が多いです。


自毛植毛のメリットは、後頭部から採取した自分の髪を移植するため拒絶反応がなく、また確実に髪の毛が増やせて、治療後はメンテナンスの必要がありません。一方デメリットは、施術による傷跡が残ってしまうことと、1回の手術で治せる範囲に限りがあること、そして、費用が高いということがあげられます。


自毛植毛は、薄毛を根本から治したいという方におススメです。手術後の発毛の実感まで時間はかかりますが、植毛した髪が定着すれば、自然でメンテナンスの必要もなくなります。


(2)人工毛を頭皮に埋め込み「人工毛植毛」のメリットとデメリット


ポリエステルやナイロンなどの合成繊維でできた人工毛を植毛針という特殊な針を用いて頭皮に埋め込む手術になります。人工毛を埋め込むため、手術後の増毛の実感は早いのですが、異物を頭皮に埋め込むことになるので、拒絶反応といった副作用がおきる可能性があります。


人工毛植毛のメリットは、広範囲の植毛が可能で施術時間が短く、手術後すぐに生えそろうところです。一方、デメリットは、定着率が悪いということもあり定期的なメンテナンスが必要になります。また、頭皮の炎症や細菌感染をはじめとする副作用のリスクが高いということもあります。人工植毛は、頭皮に人工の髪を植え付けるため、増毛の実感がすぐに得たいという方におススメです。


ただ、人工毛のため、定期的なメンテナンスが必要なことや人工毛の劣化による頭皮のトラブルなどに気を付けなければなりません。



■増毛法の種類は3つ!あなたにぴったりの方法とは…



自分の髪の毛に人工毛を数本ずつ結びつけたり、特殊なシートを使って人工毛を地肌に張りつけたりすることで、髪のボリュームアップをはかる方法です。


増毛法は結毛式、編み込み式、全面接着式の3種類に分けられます。


(1)人工毛を利用してボリュームアップ「結毛式」


結毛式は自分の髪に人工毛を結び付けてボリュームアップさせる増毛法で、毛の流れや長さも自毛に合わせることができるため、より自然な仕上がりが可能です。結毛式は自毛のない部分には使用できないため、薄毛が進行している方には難しい増毛法です。


結毛式増毛法のメリットは、頭皮や身体に負担がかからず、見た目が自然な仕上がりになり、ムレやかぶれのリスクが少ないところです。デメリットは、定期的なメンテナンスが必要で、増やせる髪の限界や、自毛と一緒に人工毛も自然に抜ける可能性があります。結毛式増毛法は、薄毛が進行しすぎておらず、自然な仕上がりを求める方やつむじや分け目など、部分的に気になっている方におススメの増毛法です。


(2)24時間付けっぱなし可能「編み込み式」


特殊な糸を自分の髪と一緒に編み込んだ「土台」を天頂部を囲むようにつくり、その土台に専用の増毛商品を縫い付けていきます。自毛や頭皮への負担は少なめで、自毛が伸びてくる一定期間、着脱の心配がない増毛法で、以外にも歴史の古い増毛法です。


編み込み式増毛法のメリットは、24時間付けたままでの生活が可能なところです。取り外しの必要がないため、手間がかかりません。デメリットは、薄毛の状態によっては施術できない人もいること、定期的に取り付けなおすためのメンテナンスが必須になることです。編み込み式増毛法は、脱着などのお手入れを省きたいという方におススメの増毛法です。自毛が伸びることでパランスが崩れるため、定期的なメンテナンスが必要になってきます。


(3)頭皮に貼り付けるだけ!「全面接着式」


人工毛を植え付けた特殊な薄いシートを頭皮に張り付ける増毛法で、自毛の生えていない部分にも使用できることが大きな特徴です。また、張り付けたシートが剥がれるまで、大きなメンテナンスは必要ないため、こちらも人気の増毛法となっています。


全面接着式増毛法のメリットは、施術が短時間で済むところと、激しいスポーツも髪を気にすることなく行うことができるところです。また、簡易的な範囲ではセルフメンテナンスもできます。


デメリットは、接着するための粘着剤が肌に合わない可能性があるところです。 全面接着式増毛法は、激しいスポーツなどが好きな方におススメの増毛法です。綺麗に密着させるために状態によっては自毛を剃る必要があるほか、場合によっては接着したシートが剥がれる可能性もあるため、剥がれてきた際にはメンテナンスが必要になってきます。



■増毛・植毛のどちらも合わない方は…



増毛も植毛もご自身に合わないという方は、専門医による発毛治療の受診をおススメします。最近の専門医では、外用薬や内服薬による発毛治療のほか、本人の細胞を摂取し、培養した細胞を頭皮の脱毛部に移植する再生医療も研究されています。


薄毛と言う悩みを解決するために、正しい知識をもって選ぶようにしてください。どの手法で薄毛を解決するかの決断はご自身にかかっています。後悔のないようそれぞれのメリットやデメリットを踏まえて薄毛の悩みを解決していただければと思います。

おすすめ記事