性欲が強い人ほど、髪が薄くなる?

2016年1月25日

男性ホルモンと薄毛には密接な関係がありますが、エッチかどうかは別問題です。くだらない俗説は気にせず、ヘアケアに精を出したほうがいいでしょう。


「薄毛になる人はスケベ」「薄毛の人は精力絶倫」など、薄毛とシモネタを結びつける俗説もたくさんあります。薄毛と男性ホルモンに関連があることからこんな俗説が生まれるのでしょうが、薄毛の人にとっては迷惑な話。


男性ホルモンの分泌が盛んな人は、精力的であるというのは一理あるかもしれませんが、抜け毛はホルモンの分泌量だけでなく、ホルモンに対する感受性に影響されるもの。薄毛=いやらしいというのは、飛躍しすぎ。単なる偏見にすぎません。


男性ホルモンが多ければ男らしく、女性ホルモンが多ければ女らしいという考え方そのものにも疑問がありますが、フェロモンとホルモンを同じものととらえるのは考えものです。この例を見ただけでも、俗説というのがいかに無責任に、根拠なく作られるものかおわかりでしょう。


とかく人は不可解なことを自分の都合のいいように解釈して、安心したがる傾向があります。外見と性格を結びつけて判断するのもそのひとつ。薄毛というのは、外見的にわかりやすい特徴のひとつなので、こんなふうにいろいろと取りざたされてしまうのでしょう。


とはいっても、自分が人からどう見られているかが気になるのは、薄毛の人に限った話ではありません。残念ながら薄毛に対しては不名誉な俗説が多く、それがまた薄毛の悩みを深刻なものにしてしまっているのかもしれません。


気にするなというのは無理かもしれませんが、俗説に振り回されてクヨクヨ悩むよりは、ヘアケアに精を出したほうがずっといいのは確かです。

おすすめ記事