血液型がA型の人は薄毛になりやすい?

2016年2月1日

神経質な人のほうが薄毛になりやすいという説はありますが、血液型とはなんの関連もありません。根拠のない俗説に惑わされずにケアを怠らないようにしましょう。


謎が多い脱毛の原因を探りたい一心で、外見的な要素や先天的な資質と脱毛の関連を唱える人は少なくありません。「太った人は薄毛になる」「頭の形が丸い人は薄毛になる」「額が広い人は薄毛になりやすい」など、挙げたらキリがないほどです。


でも、こういう説にはほとんど根拠がなく、なんの裏付けもありません。仮に統計をとったらこういう人が多かったという場合でも、脱毛予防は、統計学ではなく、科学や医学の領域のことなのです。


血液型と薄毛に関連があるというのも、こういった一連の俗説と同じで、まったく根拠のないことです。おそらくこれは、ストレスが抜け毛の原因になることから、ストレスを感じやすい、あるいは発散しにくいA型的な気質が、脱毛と関連があると考えてのことでしょう。


確かにストレスは髪に影響を与えますが、ストレスだけが原因で毛が抜けるということはあまりありません。もともと脱毛しやすい体質の人がストレスを感じたときに抜けが増えるというように、複数の要因があって初めて毛が抜けるのです。


そもそも、血液型による気質の分類そのものも、確固たる裏付けがあるものではありません。それを「自分はA型だから毛が抜けるのだ。何をしても無駄なんだ」などとクヨクヨしていたら、それこそ思うツボ(?)。


ちなみに薄毛になるかならないかではなく、なるとしたらどういう形になるのかを血液型で分類できるという説もあります。A型は側頭部にうっすらと毛が残る不徹底型で、B型は頭頂部に数本の毛が残るバーコードタイプ。O型は天頂部がほとんどなくなってしまう人が多く、AB型は完全にハゲる人が少なく全体的に徐々に薄くなるというのです。


言うまでもなく、これも個人的な観察の結果から生まれた説。とはいえ、安心しすぎてケアがおざなりにならないようご注意を。

おすすめ記事