育毛剤を使うと抜け毛・薄毛をストップできる? 髪が増える?

2018年7月10日

目次:

育毛剤と発毛剤の違いとは?

普段の生活習慣で育毛力を上げるには

育毛剤を正しく使ってパワーを最大化しよう



薄毛に悩みはじめると、育毛剤や発毛剤の存在が気になりだします。育毛剤や発毛剤に違いはあるのでしょうか? 育毛剤の正しい使い方とともにご紹介します。


育毛剤と発毛剤の違いとは?

薄毛対策商品といっても、育毛剤や発毛剤などさまざまあります。薄毛対策をしようと思っても、育毛剤と発毛剤ではどのような違いがあるのか、よくわからない人も多いでしょう。そこで育毛剤と発毛剤の違いについて探ってみました。


●育毛剤
毛髪の成長を促す成分を主体とした商品です。すでにある毛髪の成長を促進したり、頭皮環境を整えることで、脱毛を防ぐ効果を目的につくられています。商品のパッケージを見ると、有効成分が配合されており、医薬部外品の表示がある商品が多くなっています。そのため、育毛効果が期待できます。


●発毛剤
脱毛してしまった頭皮の毛母細胞に作用して、新たに発毛させる目的の商品です。いまある髪の毛の状態を維持する育毛剤に対して、さらに積極的に髪の毛を発毛させるもの。毛母細胞の活性化や細胞分裂が期待できます。発毛剤は医薬品と表示されたものが多くなっています。


普段の生活習慣で育毛力を上げるには


育毛剤を使った育毛以外にもその力を上げる方法があります。それが普段の生活習慣を見直してみることです。普段の頭髪のお手入れや食生活、体調管理などによる改善方法をご紹介します。


●シャンプーでの改善方法
皮脂が毛穴に詰まるのを防ぐため、シャンプーをすることは大切です。だからといって、シャンプーを1日に2回以上行うなど過剰にするのは考えものです。シャンプーは1日1回で十分です。シャンプーの後は、しっかり乾かすことも大切です。濡れたままでは頭皮が蒸れ、雑菌が増えて、皮脂が余分に出てしまうことで、頭皮トラブルのもとになります。正しいヘアケアを心がけましょう。


●食生活での改善方法
私たちの毛髪をつくり出している毛母細胞は、たくさんの栄養と酸素を必要としています。これらは血液に含まれた状態で運ばれるので、健康な髪を生やすためには、血液の材料になる栄養バランスの良い食生活を送ることが不可欠です。食事もままならないような働きすぎや急激なダイエットでは、髪の健康は保てないでしょう。健康的な食事で髪も健康を保ちましょう。


●体調管理による改善方法
たばこや睡眠不足などが薄毛に直結するといったデータはありません。しかし、髪も体の一部です。体に悪いことは髪にいいはずがありません。普段から体調管理に気をつけることが髪の健康への第一歩です。もちろんストレスを溜めるのもNG。心身ともにすこやかに過ごせる状態をつくりましょう。


育毛剤を正しく使ってパワーを最大化しよう

せっかく育毛剤を使い始めても、間違った使い方をしていれば効果は見込めません。間違った使い方としては、①育毛剤の有効成分が行きわたっていないこと、②髪の毛が育つための環境が整っていないことが考えられます。それぞれを守った正しい使い方をマスターしましょう。


●育毛剤の有効成分を行きわたらせるには
物によって使い方は異なりますが、育毛剤はつけたい部分に分け目をつくって、そこに育毛剤をつけ、自然乾燥させるのがポイントです。まずは薄毛が気になる箇所を鏡で見つけ、ねらいを定めます。塗るタイプの育毛剤の場合は軽くトントンと叩くようにして、少し広めに塗ります。スプレータイプの場合は、ひとつの分け目に2回噴射、頭皮全体で5〜10回噴射。そして1回噴射するごとに揉み込むように頭皮に浸透させましょう。パッケージに記載されている適量を守ることも忘れずに。


●髪の毛が育つ環境を整えるには
土台となる頭皮環境をできるだけすこやかに保ちましょう。そのためには、普段の生活で育毛力を上げる努力をします。さらに、シャンプーで汚れを落としたあとに育毛剤をつけるのがポイント。育毛剤をつけたら、血行を促進するようにマッサージすると、効果的です。


また、短期間だけ使用して「効果がない」と判断するのは早計です。育毛剤は、3ヶ月〜6ヶ月、毎日続けてみるのもポイントです。土台となる頭髪環境を整え、有効成分を浸透させる使い方で効果を最大化しましょう。


薄毛対策商品には、育毛剤や発毛剤など名前の異なる商品がいくつかあります。それは薄毛をどのようにケアしたいのか、目的の違いによって、わけられています。育毛剤で効果を期待するには、正しく選ぶことがポイントになります。


記事初回公開日: 2015年10月22日

おすすめ記事