女性が髪をばっさり切る時は、何か原因はありますか?(1/2)

2019年2月5日


ある日、女性が髪をばっさりと切った。そんなとき、男性は「何か重大な心境の変化があったのではないか?」と、妄想し、理由を尋ねるのではないでしょうか? 
もちろん実際に重大な心境の変化があり、それを理由に髪を切っている女性もいますが、そうではない女性もいるはずです。そこでアンケート調査を実施し、女性の心理を明らかにしてみました。


女性が髪をばっさり切る時は、何か原因はありますか?

アデランスFacebookページによるアンケート調査
(100名の20代~60代女性)
2015年10月実施


「女性が髪をばっさり切る時は何か理由がある?」とアンケートで尋ねたところ、54%があると回答し、46%がないと答えました。半数以上の女性があると回答しているので、男性の妄想もあながち外れているわけではないようです。


他にもこんな意見が集まっていたので、ご紹介しましょう。

     
  • 「失恋をした時です。まずは外見から自分を変えて気分転換します。」
    (20代/女性/会社員)
  •  
  • 「気分を変えたかったり、好きな男性の好みに合わせたかったりする時です。」
    (20代/女性会社員)
  •  
  • 「長いと髪が傷みやすいですし、シャンプーする時や乾かす時に面倒なので。」
    (40代/女性/パートアルバイト)


失恋を経験し気分を変えるために、ばっさりと髪を切るという女性もいる一方で、単純に髪が長いと大変だから切った、という意見も見られ、さまざまな理由があることがわかります。


■髪をばっさり切る女性の心理とは?


アンケートの結果によると、半数以上の女性が原因があるとのことです。男性の勝手な妄想は、あながち間違っていなかったようです。


こうしたアンケート調査から見えてきた髪をばっさり切る女性の心理を整理してみましょう。まずは古くから女性の心理として指摘されている「失恋した時」です。失恋をすると傷つき、存在を否定されたかのような気分になることがあります。その失意から立ち上がるために髪を切るのかもしれません。


また、「強いストレスを感じた時」にも髪をばっさり切ることがあります。ストレスを発散するための憂さ晴らしのような行為と言えそうです。そのほか「決意表明」や「新しいことにチャレンジする時」など、強い意志を示したい場合や、就職や転職など「心機一転のタイミングで気分転換したい時」にも髪を切るという意見が見られました。そのほか、気軽に「イメージチェンジをしたい」と髪を切る人もいるようです。


いずれにせよ、多くの女性にとって長く伸ばしてきた髪を切るには、それなりの決心や決意が必要と考えたほうがよさそうです。



■髪をばっさり切ったその後は?



では、髪をばっさり切った後には、どんな心境の変化があるのでしょうか? 
こちらについても意見を募りました。髪と一緒にネガティブな感情も捨て去った気分になり、「前向きになれる」という声もありました。また、髪型が変わることによって「おしゃれが楽しめる」という意見もあります。中には「性格が変わる」と劇的な変化を感じる女性もいるようです。
髪型を変えただけで?と、疑問に感じる人もいるかもしれませんが、外見が大きく変わることで、あたかも違う人物に生まれ変わったかのような気分のなるのかもしれません。髪が女性よりも短い男性でも、ばっさりと短くカットすると、印象がガラリと変わり、鏡に映った自分の姿を新鮮に感じると思います。女性の場合には、変化が大きいため、心理的な影響も大きくなるのかもしれません。
そのほか「心機一転、気分転換できる」という回答も多く見られました。



■まとめ


アンケート調査によって、女性が髪の毛をばっさり切る時の心境には、さまざまな理由があることがわかりました。女性にとって髪は、身だしなみやファッションの一環としてだけではなく、心境の変化や心模様をうつす鏡のようなものだとも言えそうです。何か壁にぶつかったり、うまくいかないことがあったりするのなら、一度、ばっさり髪を切ってみるのも良い転機や気分転換になるかもしれません。




初回記事公開日 : 2015年10月8日

おすすめ記事