【ヘアケアに関する意識調査 Vol.1】 髪の悩みの分岐点

2017年9月25日

アデランスは、髪の悩みやヘアケア、ドライヤーに対する意識や要望を探ることを目的に、全国の20~60代の男女1030人を対象に、インターネットによる『ヘアケアに関する意識調査』を実施しました。[2017年8月16日(水)~8月17日(木)2日間]


髪に関する悩みについて尋ねたところ、女性は20代・30代では「髪のパサつき」や「髪が広がる/まとまらない」といった悩みが多いのに対し、40代以降では「白髪」が最も大きな悩みとなっていることが分かりました。



■Q.あなたの髪に関する悩みで、あてはまるものを全てお答えください。(複数回答/n=1030)



【女性】



一方、男性は20代では「くせ毛」と「髪の悩みはない」がトップ回答であったのに対し、30代では「ボリュームがない」「抜け毛」の悩みが最も多くなっており、男性のほうが女性よりも若い世代で髪の悩みの分岐点を迎えていることが伺えます。



【男性】




また、ヘアケア(頭皮、髪)で重視しているものについて尋ねたところ、男女ともに「シャンプー」「トリートメント」を最も重視していることが分かりました。男女ともに年齢を重ねるにつれて「カラー(白髪染め含む)」を重視する人が増えています。


■Q.あなたがヘアケア(頭皮、髪)で重視しているものは何ですか? あてはまるものを全てお答えください。(複数回答/n=1030)



【女性】



女性は20代・30代の若い世代ほど「ドライヤー」を重視する傾向にあり、男性は40代から「育毛剤」を重視する傾向にあることが分かりました。


【男性】




★「ヘアケアに関する意識調査」の次回は、「Vol.2 ドライヤーを購入する際に注意すること」についてお伝えします。

おすすめ記事