ADERANS HairRepro

アデランスの育毛技術

アデランスは、各専門分野の医師や
産学連携による共同研究を通じて、
最先端の毛髪研究に取り組んでいます。

脱毛のメカニズムの解明へ

男性型脱毛症はなぜ起こるのか、それはどういうメカニズムで抜けるのか。脱毛のメカニズムが解明され、治療の道は大きく開かれました。

ー男性型脱毛症はなぜ起こるのか。

男性型脱毛症に遺伝的要素があること、しかもそれが人種によって違うこと、さらに男性ホルモンが強く関係していることは、70年も前からわかっていました。ただ、遺伝と男性ホルモンという二つの要因で、なぜ男性型脱毛症が起こるか、そのメカニズムが解明されたのは比較的最近のことです。

科学に基づいた原因 遺伝 男性ホルモンへの感受性 科学に基づいた原因 遺伝 男性ホルモンへの感受性

科学的に実証されてないが因果関係があると考えられている要因 不健康な頭皮 毛包幹細胞 血行不良 ストレス 脂性 栄養不足 紫外線 科学的に実証されてないが因果関係があると考えられている要因 不健康な頭皮 毛包幹細胞 血行不良 ストレス 脂性 栄養不足 紫外線

人間の毛髪には髪の毛が伸びる成長期、毛根にある毛球が退化する退行期、毛球が完全に退化して髪の毛が成長しない休止期の3つの段階があり、長い時間をかけて循環しています。これをヘアサイクルと呼び、そのサイクルは髪の毛1本1本でそれぞれ違います。

男性のヘアサイクルの周期は一般的に2年から6年程度。
そのうち退行期と休止期は合わせて3ヶ月から5ヶ月程度ですので、髪の毛のサイクルの多くが成長期の段階にあると言えます。
また通常は毛髪の9割が成長期の髪で、その中の一部の髪が退行期に入っても、代わりに休止期だった髪が成長期に入り生えてくるので、常に一定の髪の量を保つ仕組みになっています。

この毛周期が男性ホルモンジヒドロテストテロン(DHT)の影響により乱れることで、脱毛につながります。男性ホルモンのひとつ「テストステロン」が血液中から毛の成長をコントロールする毛乳頭細胞に入ると、細胞内で酵素が働き、より強い男性ホルモンであるDHTという物質に変化します。このDHTが細胞内でレセプターと結合すると、毛の成長を阻害する物質を放出してしまい、その結果、毛髪を生成する毛母細胞の分裂が抑えられ、毛の成長を止めてしまうので、脱毛につながるのです。

AGA男性型脱毛症 成長障害物質 シビドロテストステロン 活性型男性ホルモン テストステロン 5aリダクターゼⅡ(酵素)

もっと見る

毛髪の成長メカニズムを徹底研究。だから育つ!!

発毛サポートヘアリプロは、「髪の成長周期(ヘアサイクル)」を正常化する事で発毛をサポートします。

1スカルプケア剤を研究

スカルプケア剤を研究

アデランスは創業から48年。
全国にあるアデランスの専用サロンで日々お客様の声とお悩みに向き合ってきました。創業当初から毛髪研究を重ね開発されたのが、トータルスカルプケアシリーズ「ヘアリプロ」です。
ヘアリプロは、頭皮にやさしく皮脂溶解力にもすぐれた毛穴を洗う「クレンジング」、頭皮の脂分にあわせてOILYタイプ、DRYタイプを使い分けられる「シャンプー&コンディショナー」、そして、髪の成長サイクルに着目した「育毛剤」など、アデランスのヘアサロン仕様の商品をご自宅で体感頂けます。

2赤色LED

赤色LED

赤色LEDを毛乳頭細胞に当てると、いくつかの細胞増殖因子が誘導されてきて、その因子が毛母細胞の活性化につながります。LEDライトはすでに一般化しており、レーザーなどよりも安全性が高く、また、副作用も今のところ認められず、他の治療法を阻害することもありません。光照射だけで完璧ということにはなりませんが、薬剤の塗布・服用など他の治療法と組み合わせれば、総合的に効果が高まることは十分期待できます。

そして、健康な毛髪環境へ

赤味帯びた頭皮や脂性の頭皮など

赤味帯びた頭皮や
脂性の頭皮など

頭皮環境が改善され、毛穴の詰まりが解消され、健康的な肌色に。

頭皮環境が改善され、
毛穴の詰まりが解消され、
健康的な肌色に。

男性型脱毛症、円形脱毛症など

男性型脱毛症、
円形脱毛症など

同じ抜け毛でここまで毛根の状態は違います。この健康な毛根に導きます。

同じ抜け毛でここまで
毛根の状態は違います。
この健康な毛根に
導きます。