VOICE 社員紹介

本社スタッフ

総務部 R.O

(2019年 新卒入社)

会社を支える、縁の下の力持ち。

会社の管理全般を担うのが総務部の仕事です。備品の手配から会社所有の不動産管理まで、その仕事は多種多様。私は主に店舗や本社ビルの什器や備品をはじめとする必要な品の手配、店舗スタッフの出張手配、店舗や自社ビルにおける光熱費の取りまとめなどを担当してますが、細々とした業務は挙げきれないほどあります。店舗からの問い合わせを受けることも多いのですが、心がけているのは、店舗のスタッフが気持ちの良い接客につながるような返答に努めることです。聞かれたことに曖昧にならず、また伝え方などにも気をつけて明るく振る舞うよう心がけていますが、そうすることで問い合わせた方も仕事に向かう気持ちが違ってくるはずだと思っています。総務の仕事は奥が深く、まだまだ知らないこともあり、メモを取りながら知識を増やす毎日ですが、目指すのはイレギュラーなことにも対応できる「万能な総務」になることです。会社全体の業務が円滑に回るよう、どのような業務や問い合わせにも卒なく対応することで、お役に立ちたいと思っています。

商品企画開発部 R.K

(2019年 新卒入社)

髪のお悩みを持つ方のお役に立ちたい。

私はレディメイド(既製品)ウィッグのチームで、国内外向けの商品企画・立案・開発までの業務を担当しています。ウィッグには「スペック」と呼ばれるレシピのようなものがあり、担当者が毛の長さやスタイル、色、ネット部分のデザインまでを含めてスペックを作り、試作、改良を重ねて製品として仕上げます。どんな色や髪型にするか、スペック作りは経験値が必要ですが、それを一つひとつ学んでいます。私は学生時代にピンクリボン活動に関連したボランティアを経験し、乳がんを患った方々との会話から、髪を失うことの心理的な負担の大きさを知りました。アデランスはこうしたデリケートな悩みを持つ方に寄り添える会社であり、私の開発したウィッグがそんな方々のお役に立てればいいなと思っています。また、将来的には自然由来の素材を使った、環境に優しいウィッグを作るのが夢です。こうした製品はまだ世の中にはなく、実現のためには学ぶことや越えていくハードルがたくさんありますが、少しずつクリアしながら目指すものに近づきたいと思います。

海外事業本部 Y.B

(2019年 新卒入社)

グループ各社との架け橋として。

アデランスは海外のグループ会社を通じて世界で事業を展開する、グローバル企業です。 それを統括するのが本社の海外事業本部ですが、英語を使って世界規模で仕事をしてみたいという希望を持っていた私にはぴったりの部署です。担当している米国エリアには5つのグループ会社があり、私の役目は、売り上げの集計や疑問点の質問、翻訳、年に2回のグローバル会議の手配など、米国各社の管理や、本部との橋渡しが主な業務です。配属当初は財務の事をはじめ、わからないことが多々ありましたが、部署の先輩や上司が私のために米国エリア部のことを理解するためのテストを作ってくださったり、財務の専門的なことも丁寧に指導していただき、知識を増やしてきました。また、海外の販売会社の方々と接すると、ウィッグに関する知識の深さに驚かされることがとても多く、多方面から刺激を受ける毎日です。ビジネス英語や財務系の知識についてもっとレベルを上げ、本部と海外とのやりとりに欠かせない人材として、さらに成長を目指します。

フォンテーヌ営業企画部 R.T

(2018年 新卒入社)

豊かな生活をウィッグで叶えて欲しい。

フォンテーヌに関連したキャンペーンや販促物の企画、情報発信、店舗や営業への対応といったことを担当するのが営業企画部です。フォンテーヌはファッションウィッグのブランドです。多くの方にこのウィッグで人生を豊かに過ごしていただくために、さまざまな企画を立案して遂行するのが役目。私は入社1年目から営業企画部に配属され、フォンテーヌに精通したベテラン揃いの先輩方の中で、とてもチャレンジングな日々を送っています。先輩や上司は企画一つとっても自分には思いつかないようなことを提案されるので、すべてが勉強になります。そんな中で、経験の浅い私にも意見を求めてくださることがあり、自分にしか出せないようなアイデアや考えを伝えることで、新しい風を吹き込みたいと思っていますし、早く先輩たちに追いつくのが目標です。高品質でデザイン性の高いフォンテーヌは、ファッションの一部としてポジティブに楽しめるもの。そんなウィッグの魅力を存分に伝えられるような企画を考え、実現していきたいと思います。

Page Top