Voice 社員紹介

Voice 01 社員紹介

ヘアスタイリスト 外山 盟 Makoto Sotoyama
お客様の髪のお悩みを解決し、希望のスタイルを形にするヘアスタイリスト。
店長としてサロンの管理をしながら、今も第一線に立ち、お客様のご要望を叶え続けている。

Interview

主に担当されている仕事内容を教えて下さい。

ヘアスタイリストとして、ヘアケア・ウィッグ等の知識を持って、お客様に自髪のカット・カラーや育毛・増毛・ウィッグのサービスをご提供しています。アデランスが通常のサロンと違うのは、髪の毛にお悩みやコンプレックスを抱えているお客様がご来店されるところです。お客様の年齢層は、男女共に幅広いです。中にはご病気で治療されている方や小さいお子様もいらっしゃいます。どちらのお客様に対しても、そのお悩みをお伺いし、その方に合ったウィッグや育毛・増毛のサービスを通じて髪のケアを行っていきます。外見だけではなく、内面(心)のアフターケアも重要視してトータルケアを行っています。お客様に満足して頂くために「誠実さ」「一生懸命さ」「お客様に良くなって頂きたい」という気持ちを大事にしながら日頃から仕事に臨んでいます。現在は2店舗の店長を兼任しています。店長として主に「お客様情報の管理」「スタッフの管理」「店舗売上の管理」の3つの業務を行っています。管理業務を行う上で一番大事なのは「人」です。ご来店されるお客様が何を求めているのか、そして一緒に働くスタッフと共にお店を作っていく、という事を忘れずに日々店長として業務に取り組んでいます。

どうしてアデランスに入社しましたか?

昔から何かを描いたり、デザインをする仕事をしたいと思っていました。高校時代、就職を考えた時に「美容師さんになろう!」と決め就職先を探していました。その中で「アデランス」を知り、パンフレットの中に「ヘアスタイリスト」という文字を見て「響きが格好いいな!自分もやってみたい!」と思いました。また、会社の規模が大きく、福利厚生もしっかりしている点に魅力を感じました。会社制度の中に通信教育で理・美容師免許を取得することができると知り、アデランスに入社して美容師免許を取り「ヘアスタイリスト」を目指そうと思ったのが決め手になりました。入社9年目にリーダーに、10年目にサブマネージャーに、11年目に初めて店長になりました。アデランスでは早い段階から仕事を任せてもらえますので、自分の努力次第でどんどんステップアップしていくことが可能です。

アデランスで働く面白さはなんですか?

まず、お客様の喜びをダイレクトに感じられるところが一番のやりがいです。一般のサロンでもお客様の喜びや感動は感じられると思いますが、アデランスのお客様は髪の毛にお悩みを抱えている方が多くいらっしゃいますので、当社のサービスを受けて本当に満足された時に「ありがとう」「アデランスに来て良かった」など感謝の言葉をおっしゃって頂けることは本当に嬉しく、自分自身の励みになります。また、会社として利益を上げることは重要ですので、そのための売上目標に向って、お店の全スタッフが一丸となり頑張ります。お客様に最適なサービスや商品のご提案を行うにあたり、みんなで知恵と工夫を出し合い進めていくところ、それをまとめながら店舗運営をしていくことは、店長として責任が大きい一方とてもやりがいがあり、この仕事の面白いところです。そして、結果について会社に評価してもらえた時の喜びは格別です。さらに、一人ひとりのスタッフが仕事を通じて、どんどん成長していく姿を見届けていけるところはとても嬉しいことです。これからも、もっと多くのお客様から感謝の言葉をおっしゃって頂けるよう頑張ると共に、お店のスタッフの進歩、成長ぶりを楽しみに見守っていきます。

今いちばん一生懸命取り組んでいることは?

現状に満足せずに、より多くのお客様にご来店して頂けるように、またこのお店に来たいなと思っていただけるように、お客様満足の充実を図ります。また、近年、海外進出を積極的に行っていますので、国内だけではなく海外での活躍も視野に成長していきたいです。

My Scene

カット

カット

伸びた自髪とウィッグを調和させるカットやカラーは、個室でご要望をお伺いしながら仕上げていきます。

ウィッグ載せる

ウィッグ載せる

シャンプーが終わったらウィッグをセットします。どこが境目かわからないよう、自然に仕上げるのが腕の見せどころ。

型取り

型取り

ウィッグが傷んできた場合は、お作り直しもご提案します。カウンセリングから型取り、発注までを担当。

事務

事務

お客様のデータを入力したり、スタッフの管理を行ったり、合間には事務作業もこなしていきます。

Page Top