今スグできるまつげの増毛方法とは?長いまつ毛を手に入れよう!

2017年5月29日

目次:

■まつげは、どれくらいのスピードで伸びるものなの?

■女性必見!「まつげを長くする方法とは?」

■まつエクは気軽にできるけどデメリットも?

■美容液によるまつげケアのメリットとデメリットは?



まつげが長い人に憧れを持ったことはありませんか?


まつげが長いと目力が強くなり、目がパッチリして見えます。そんな目元は女性の憧れですよね。


早く確実にまつげを増やす方法としては、つけまつげがあります。ただ、これはその都度付けたり外したりしなくていけないので少々手間がかかります。どうしたらまつげを綺麗に伸ばすことができるのでしょうか。


今回はどのようなまつげ増毛があるのかを、メリットとデメリットを含めてご紹介します。



■まつげは、どれくらいのスピードで伸びるものなの?


まつげは髪の毛と違って、どのくらい伸びたかが分かりにくいものです。髪の毛は2年~6年は伸び続けるのでいつまでも伸びているように見えますが、まつげは髪のように長くはならず、一定の長さまで伸びきると、それ以上伸び続けることはありません。


まつげが伸びる仕組みは髪の毛と同様に、「早期成長期」「後期成長期」「退行期」「休止期」といったヘアサイクルを繰り返しています。まつ毛が髪と異なるのはこのヘアサイクルの期間です。


髪は数年間伸び続けるのに対し、まつ毛は3カ月から6カ月で生え変わります。そのため1cmにも満たないうちに抜け落ち、また新たなまつ毛が伸び始めるという短いヘアサイクルを繰り返しているのです。


ちなみに、一般的な日本人のまつげの長さは約5.8mm、本数の平均は、上まつげは両目で約200本から約300本で、下まつげは約100本から約150本と言われています。


■女性必見!「まつげを長くする方法とは?」


長いまつ毛を得るために、意識の高い女性の間ではまつげエクステ、通称「まつエク」が流行っています。まつエクは、まつげに人工毛のエクステンションをつけてまつげを伸ばして見せる方法です。


自身の地まつげ1本に対して専用グルー(まつ毛用の接着剤)を使い、人工毛を1本ずつ装着していきます。長さやカール・毛の太さを選び希望の目元に仕上げていきます。


また、まつげ美容液によってケアする方法もあります。まつげ美容液はまつげに良いとされる保湿成分が多く含まれており、健康なまつげをキープすることによってまつげの成長を促します。また、それぞれの成分がまつげの成長サイクルにアプローチし、強さや太さなどにも効果が期待できると言われています。


■まつエクは気軽にできるけどデメリットも?



まつエクは専用サロンに行けば簡単にできます。しかしながら、まつエクにもメリットとデメリットがあります。まずメリットは、つけまつげよりも自然で、メイクを落としても長くて綺麗なまつげを維持するできることです。


また、長さ、毛量、カールのタイプなどを施術の際に選べるので、自分に合ったまつげを手に入れることができ、皮脂や汗にも強いので3週間から1ヶ月はつけたまま通常の生活をおくることが可能です。


デメリットは施術代が高額になるということです。安くても5,000円前後で、高いサロンだと数万円する場合もあります。これは施術者の技術力と比例しているケースが多いです。


他にもスキンケア時に注意が必要であることも挙げられます。まつエクで使用されているグルーはクレンジングオイルに弱いため、アイメイクを落とす際にはオイル以外のものを使用しなくてはいけません。


そもそもまつエクは3週間から1ヶ月は持ちますが、綺麗で長いまつげをキープするためにはその周期で付け替えを行わなくては行けないのです。そのため、こまめに行うメンテナンスの費用がかかることもデメリットとして挙げられます。


■美容液によるまつげケアのメリットとデメリットは?


自宅で簡単にできる手軽さのある美容液ですが、こちらにもメリットとデメリットが存在します。


まずメリットで言うと、まつげ美容液は医薬品として扱う比較的高価なものから1,000円前後で購入できるものまで揃っているので自分にあった美容液を選択できるということです。初めて利用する人には使いやすいブラシタイプの美容液もありますし、美容液を使用することで長く濃くするだけではなく綺麗なまつげにすることも可能です。


デメリットとしては、美容液には即効性は無く、毎日続けることで美容液の効果が期待出来ます。効果が出るのにも個人差があり、早い人もいれば時間がかかってしまう人もいるのです。


今回ご紹介したように、まつげを長くする方法は自身に合ったものを選ぶのが最善です。それぞれの方法のメリットデメリットを知り、綺麗なまつげを育成して、憧れの目元を目指しましょう!

おすすめ記事

毛髪関連キーワード