CSR


「お客様の毛髪の悩みを解決する」ために、創業以来、アデランスグループでは「お客様に夢と感動を提供すること」を理念として、事業を展開してきました。そのために「社会的意義のある価値」を提供することこそが、当社の事業の基盤であり、今後もお客様の期待に応えなくてはならないと強く認識しております。


最近の活動報告

2016.05.10
自社事例掲載の書籍が発刊されました。
(続きを読む)



自社事例掲載書籍の発刊


2016.05.09
駿河台大学でCSR特別講義を行いました。
(続きを読む)



駿河台大学でのCSR特別講義


2016.05.06
関東学院大学でCSR特別講義を行いました。
(続きを読む)



関東学院大学でのCSR特別講義


一覧

お客様に夢と感動をご提供

 アデランスグループは、「お客様の毛髪に関する悩みを解決したい」という思いで、1968年に、男性向けのウィッグの製造・販売を始めました。毛髪に関する悩みは、お客様にとって非常にデリケートな内容ですが、お客様の悩みを解決すると、喜々として生気溢れる表情に変わります。アデランスグループの提供する商品は、お客様の生活を豊かにするプラス志向アイテムであると考えます。

 経営理念で「私たちが目指すもの」として掲げている「最高の商品」「最高の技術」「心からのおもてなし」は、一つだけ実現しても不十分で、3つ揃って初めてお客様の悩みを解決できるものです。全ては、お客様の毛髪に関する悩みをどう解決していくか、という思いであり、アデランスグループが果たすべき役割として、お客様に夢と感動をご提供するために、社会的価値の創造に挑戦を続けてきた結果と考えています。

最高の商品

お客様が満足してご利用いただけるよう、グループ内に生産工場を持ち、生産販売一貫体制の構築、ISO9001基準を満たす品質の高い商品の提供などに取り組んできました。

最高の技術

理容師や美容師の国家資格を有する、理美容に関する最高の技術を持つスタッフが、お客様の多様な毛髪に関するニーズを実現してきました。

心からのおもてなし

商品のご利用前後、お客様の不安・不満をお聞きし、解決することが、アデランスグループの販売スタイルの基本として取り組んでいます。

毛髪・ウイッグ文化の創造と発展

 創業当初、日本において、まだまだ認知度の低かったウィッグに対して、アデランスグループは様々な取り組みを進めてきました。

  • ・技術研究を重ねた様々な商品の開発
  • ・学術的な毛髪研究への協力
  • ・舞台・映画・テレビドラマへのウィッグ提供

 こうした取り組みにより、お客様の多種多様なニーズに応える毛髪技術の実現、女性の美を彩るウィッグの普及など、日本における、毛髪・ウィッグ文化の繁栄に貢献できたのではないかと考えています。また、お客様が安心してご利用いただけるよう、毛髪関連の業界団体に積極的に参加し、業界全体の信頼性の維持維持向上に取り組んでいます。