アデランス

  • 男性向け ご相談・お試し体験 0120-78-9696
  • 女性向け ご相談・お試し体験 0120-01-0930

男の挑戦に関する調査 | 2015年度に挑戦したいこと第1位は?

平成27年04月06日
« PREV | 1 | 2 | 3 | 4 | NEXT »

■男が“熱く”なれるものは?新年度に挑戦したいことは?


●壮年(30代・40代)男性の胸熱は「仕事」、シニア(60代・70代)男性は「旅行」
●30代が夢中になるもの 上位に「アニメ・漫画」と「ゲーム」、40代は家庭を大事にする良きパパ?「子育て」「恋愛/夫婦愛」に夢中、70代は「スポーツ」「投資」「社会貢献」にも夢中

全回答者(1,000名)に対し、現在、熱く(夢中に)なれるものは何かを複数回答形式で聞いたところ、「旅行」が30.2%で最も高く、次いで「仕事」が20.8%、「投資」が15.2%、「スポーツ」が14.0%、「読書」が13.4%で続きました。年代別にみると、30代・40代の1位は「仕事」(30代34.0%、40代22.0%)で、50代・60代・70代の1位は「旅行」(50代22.0%、60代44.0%、70代45.5%)でした。特に60代・70代のシニア層では旅行に熱くなっている割合が4割半と、ダントツとなっています。

そのほか、年代別に特徴的となった結果に注目すると、30代では上位に「アニメ・漫画」(3位)や「ゲーム」(4位)といった趣味関連の項目が多く見受けられ、40代では「子育て」(4位)や「恋愛/夫婦愛」(5位)といった家族関連の項目が見受けられました。熱中していることの1位は「仕事」だという壮年層ですが、30代はお子さまと一緒に楽しむことができそうな趣味に、40代は子育てや夫婦愛などの、教育や家族の絆を深めることに夢中になっている、といった傾向の違いがみられました。

また、50代では、「グルメ(食事)」や「自動車」(同率3位)、「スポーツ観戦」(5位)といった趣味関連の項目が再び上位に見受けられるようになっています。30代の「アニメ・漫画」や「ゲーム」とは異なった様相ですが、どちらもファミリーで楽しみ易い趣味に熱中しているといった共通点がみられます。60代・70代のシニア層では、「読書」(60代3位、70代2位)が上位回答となっています。子育ても一段落され、一人の時間を静かに過ごすことができる趣味にシフトしているのでしょうか。

さらに、70代は3位に「スポーツ」、4位に「投資」が挙がったほか、10位に「ボランティア活動」が挙がりました。運動や資産運用のほか、社会貢献活動にも関心を抱き、夢中になっている様子がうかがえました。


■2015年度のチャレンジ 1位「新しい趣味」2位「ダイエット」3位「一段上の仕事」


・30代男性は「よりレベルの高い仕事」に挑戦、40代男性は「プライベートの充実」。
・50代男性は新ステージを目指す?14%が転職・起業などの「新しい仕事」に挑戦。
・第二の人生スタートで心機一転?シニアは「新しい趣味」と「登山」に挑戦

全回答者(1,000名)に対し、今年度(2015年度)に挑戦し(続け)たいことは何かを複数回答形式で聞いたところ、「断捨離(不要なもの・習慣の数を減らす)」が18.9%で最も高く、次いで「新しい趣味を作る」が16.1%、「ダイエット」が13.5%、「一段上の仕事を目指す」が12.5%、「新しい分野の学習を始める」が11.4%で続きました。

年代別にみると、30代の1位は「一段上の仕事を目指す」(21.0%)で、40代の1位は同率で「新しい趣味を作る」と「ダイエット」(ともに20.0%)でした。30代はよりレベルの高い仕事に挑戦すること、40代はプライベートを充実させ、体重を落として健康的に日々を送ることなど、プライベートの充実をチャレンジ目標としている方が多いのかもしれません。50代では1位に「新しい仕事を始める」(14.0%)が挙がりました。50代までに築いてきたキャリアや職業経験を活かし、転職や起業、または副業といった挑戦に興味を抱く方が多いタイミングなのでしょうか。

また、60代・70代の1位は「新しい趣味を作る」(60代14.5%、70代16.5%)となっており、3位に「登山(富士山登頂など)」(60代8.5%、70代11.5%)が挙がりました。仕事をリタイアしたあとの第二の人生を楽しむにあたり、新しい趣味を始めたい、自分を見つめ直すために山に登りたい、といった挑戦を思い立つタイミングなのかもしれません。

そのほか、70代では、「趣味で記録更新を目指す(ゴルフのスコア更新など)」が14.0%で2位になったほか、「新しいコミュニティに飛び込む(まちコンや町内会などに参加する)」(5位)や「普段言えない気持ちを伝える(告白・親/妻への感謝の言葉など)」(6位)、「新しい情報発信の場を持つ(ブログやSNSを始める)」(9位)といった、交友関連の挑戦が上位に挙がりました。

■“初挑戦”したいもの 「ふるさと納税」「北陸新幹線」「格安スマホ」、30代・40代が今最も初挑戦したい「格安スマホ」、50~70代は「ふるさと納税」


・趣味に熱くなる30代・50代は「3Dプリンター」に初挑戦
・旅行に熱くなる70代は「タブレット端末」と「ミラーレス一眼」に初挑戦

全回答者(1,000名)に対し、昨今話題になっているもので、今後、“初挑戦(初購入・初体験)したい”ものは何かを複数回答形式で聞いたところ、1位は「ふるさと納税」(14.1%)、2位は「北陸新幹線」(13.8%)、3位は「格安スマホ(SIMフリー端末とMVNOのSIMカード)」(12.2%)、4位は「国内の世界遺産(富岡製糸場、平泉など)」(11.2%)、5位は「タブレット端末」(11.1%)となりました。そのほか、6位には「3Dプリンター」(10.3%)、7位には「4Kテレビ」(9.7%)、9位には「ハイレゾ音源」(8.1%)といった電化製品関係がランクインし、格安スマホやタブレット端末とあわせると、上位10位のうち5項目を電化製品の購入に関する初挑戦が占めました。進化した電化製品は男性の挑戦心をくすぐるようです。

年代別にみると、30代・40代の1位は「格安スマホ」(30代15.0%、40代17.5%)で、2位は「ふるさと納税」(30代14.0%、40代15.5%)でした。自分の使い方にあったプランを選ぶことで月額使用料を安く抑えることができることがウリの格安スマホや、寄附のお礼品として、その地域の特産品などが送られてくるふるさと納税といった、“お得なこと”に対する挑戦意向が高いようです。

また、50代・60代では1位が「ふるさと納税」(50代12.5%、60代14.0%)となっています。2015年度の寄附分から、“ふるさと納税ワンストップ特例制度”が適用され、手続きが簡略化されることもあってか、初挑戦を考えている方が多いようです。 70代の1位は「北陸新幹線」(22.5%)、2位は「国内の世界遺産」(20.0%)と旅行関連の挑戦が上位となりました。

さらに、電化製品関連の初挑戦に注目すると、30代・50代の3位には「3Dプリンター」(30代11.0%、50代9.5%)が挙がっています。現在、ファミリーで楽しみ易い趣味に熱くなっている世代(5ページ参照)の男性が次に注目しているのは、3Dプリンターを使った“自作趣味”なのかもしれません。また、70代の3位には「タブレット端末」(18.5%)が、10位には「ミラーレス一眼」(8.5%)がみられます。旅行に熱くなっている世代(5ページ参照)は、これらの機器を上手に活用して、旅行をもっと便利に楽しくしたいとの思いもあるのではないでしょうか。


« PREV | 1 | 2 | 3 | 4 | NEXT »