アデランス

  • 男性向け ご相談・お試し体験 0120-78-9696
  • 女性向け ご相談・お試し体験 0120-01-0930

男の挑戦に関する調査 | 2015年度に挑戦したいこと第1位は?

平成27年04月06日
| 1 | 2 | 3 | 4 | NEXT »

前向きに、アクティブに生きていこうとする世の中の男性を応援している株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長 根本 信男)は、 2015年2月25日~26日の2日間、30歳~79歳の男性を対象に「男の挑戦に関する調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。 (調査協力会社:ネットエイジア株式会社)

<アンケート調査結果>

■年齢と男の挑戦意識は関係あるのか?


●攻める男は何歳になっても楽しい?“人生の楽しさに年は関係ない”21%
●攻める男のモテ期は永遠に終わらない?“モテ期に年は関係ない”18%
●男が人生で一番カッコいい時期は?「40代」の声が最多数!

30~79歳の男性1,000名(全回答者)に対し、様々な視点から、人生で最良の時期はいつ頃になると思うか聞いたところ、人生で一番「楽しい時期」は「20代頃」が32.9%で最も高くなりました。気力・体力共に充実している20代頃が人生で一番楽しい時期になる、という見方が強いようですが、他方で「年齢は関係ない」とする回答も20.9%と5人に1人の割合でみられました。

人生で一番「楽しい時期」に次いで早くに最良の時期を迎えるのは、人生で一番「モテる時期」で、「20代頃」(33.3%)や「30代頃」(26.9%)に回答が集まっています。また、「年齢は関係ない」は17.9%となりました。

さらに、人生で一番「仕事で活躍できる時期」は、「30代頃」(37.0%)や「40代頃」(34.0%)が山場となり、同時期に、人生で一番「男のカッコよさを備えている時期」が重なっています(「30代頃」24.4%、「40代頃」28.8%)。恋愛経験や仕事で活躍する経験を経ることで、“男のカッコよさ”が身につき始めるのではないでしょうか。

また、それらを経た後に、人生で一番「知的に成熟している時期」を迎えるようで、こちらは「40代頃」(27.4%)や「50代頃」(24.4%)に回答が集まりました。年代によってステージは変化していくものの、特定の年代のみが“人生のピーク”ということはないようです。


■男の挑戦に年齢は関係ない!「新しいことに挑戦したい」6割半で年代差なし!


・どんな瞬間もカッコいい生き方でカッコいい自分でいたい!70代6割強と突出!
・パパだって子どもに負けてない!「おしゃれにこだわり」40代の父親で6割
・おしゃれが攻める姿勢のエンジン?おしゃれが男の挑戦意欲をプッシュする傾向


それでは、男の挑戦意識は年齢によって変化するのでしょうか。全回答者(1,000名)に対し、「新しいことに挑戦し(続け)たい」と思うか聞いたところ、『そう思う』(「非常に」+「やや」)が65.0%となりました。この回答結果に大きな年代差はみられませんでした。挑戦する気持ちは年齢に左右されるものではないようです。

また、「カッコいい生き方を心がけている」と思うか聞いたところ、『そう思う』が52.5%となり、70代では63.0%と他の年代に比べて高くなりました。さらに、「簡単に諦めない姿勢を心がけている」では『そう思う』が70.0%となり、こちらも70代が85.5%と他の年代に比べて高くなりました。


次に、おしゃれへのこだわりについて聞いたところ、「おしゃれへのこだわりを持ち(続け)たい」では『そう思う』が50.6%となり、『そう思わない』(「全く」+「あまり」)が49.4%と、意見がおよそ半々に分かれる結果となりました。ただし、子どもがいる40代では『そう思う』が60.8%と6割に達し多数派となっています。40代の父親といえば、子どもも大きく成長して思春期をむかえ、ファッションなどにも気を使いはじめる時期ではないでしょうか。そんな子どものお手本になるべく、負けてられないとおしゃれにこだわる40代のパパの思いがうかがえました。


さらに、おしゃれへのこだわり別に挑戦意識の違いをみると、おしゃれへのこだわりを持ち(続け)たいと思う方は、「新しいことに挑戦し(続け)たい」で『そう思う』が82.2%、「カッコいい生き方を心がけている」で『そう思う』が78.7%、「簡単に諦めない姿勢を心がけている」で『そう思う』が84.7%と、ポジティブな回答の割合がより高くなりました。おしゃれへのこだわりやそこから生まれる自信は、挑戦する気持ちや、カッコいい生き方を目指す姿勢を後押ししているようです。


| 1 | 2 | 3 | 4 | NEXT »