アデランス 男たちの新増毛白書 Produced by 週刊現代

第07回 田中邦俊(32歳) アウトドア料理研究家

若返って自然の風を感じる毎日。窯の前でも汗や蒸れが気にならず、アウトドア料理にもぴったりです。

緑の木々に囲まれ、気持ちのいい風が通り抜ける、神奈川県相模原市の農業体験施設「モナの丘」。そこのバーベキュー広場に田中邦俊さんのピザ窯はある。


遊びに来ていた子どもたちにピザの作り方を教える。若返ったその表情は実に楽しそうだ

「この窯は知り合いから耐火レンガや耐火コンクリートをもらってきて、自分の手で半年間かけて作りました。ひと月に何度かここでピザパーティーをして、仲間たちと歓談するのが楽しみですね」
そう話す田中さんは知る人ぞ知るアウトドアの達人だ。
1995年にテレビ東京の番組『TVチャンピオン』のアウトドア名人選手権に出場したこともある。「昔から自然が好きで休みの日に山歩きをするような子どもでした。いまは若い子たちに自然が好きになってほしいので、子ども向けにアウトドアクッキングの体験教室なども開いています。ピザや燻製を自分の手で作ると、彼らの目が輝くんですよ」
そう語る田中さんの目もキラキラと輝いていた。

天然パーマや白髪でも合う


技術系のセミナー講師を務めることもある。白髪がスーツ姿に合っていてダンディだ


ルアーフィッシングで釣った渓流の魚で 燻製を作り、仲間に振る舞うという

田中さんが薄毛を気にしはじめたのは58歳のとき。
ちょうど前職を辞めてセミリタイアした時期だった。「ある日、鏡で自分のつむじを見たときに、ドキッとしました。かなり薄くなっていたんです。おじぎをすると相手の視線が頭頂部に集中するような気がして、普段は頭を隠すために帽子をかぶるようになった。でも、せっかくこれからアウトドアを満喫しようと思っていた時期に、帽子をかぶると、自然の風を感じることができないんですよ」
そんな悩みを抱えていた田中さんが、最近になって、昨年登場したアデランスの新増毛「ヘアパーフェクト」に出会った。これこそ自分が求めていたものだと感動したという。

「髪質が天然パーマで、白髪。自分の髪に合ったものがなかなか見つからなかった。でもアデランスはとても自然で、生え際もつむじもしっかりとなじんで気にならない。風が吹いても乱れないどころか、風の心地よさを自分の頭で感じることさえできる。仲間たちも『若返ったね』と喜んでくれています」
時間ができると田中さんは山に登ったり、川や海へ釣りに出かけたりする。そんな自然のなかでもしっくりとくる。
「『ヘアパーフェクト』なら、アウトドア料理のときでも安心して使用できます。ピザ窯は220℃の高温で、そのすぐ側で作業をするのですが、汗や蒸れが気になるようなことがありません。雨や高温、湿度が高い日でも快適です。つけているという感じがしないので、日常生活で自分の髪のような感覚が味わえますよ」

撮影/金子正志

ヘアパーフェクト

田中邦俊さんを変えた
ヘアパーフェクト」を詳しく知る