アデランス 男たちの新増毛白書 Produced by 週刊現代

第01回 岩本光司さん(52歳) 会社員

ゴルフやテニスで体を動かしたり、妻と出かけることが増えました。
心まで若返ったようですね。

週末は近所の同年代の仲間とテニスを楽しんだり、夫婦でスポーツクラブのゴルフレンジやジムで体を動かしたりと、アクティブに過ごすことが多いです。子どもが大学生になったこともあって、夫婦で出かける機会も増えました」そう話すのは、埼玉県在住で、都内の建設会社に勤務する岩本光司さん(52歳)。
普段は都市計画、いわゆる「まちづくり」に関わる仕事をしている。住む人の〝こんなまちに暮らしたい0という想いを具現化しながら、生活基盤そのものをつくり上げていく、社会性の高い事業だ。
そんな仕事もプライベートも充実した日々を送る岩本さんだが、髪が薄くなってきたことは気にはなっていた。

「もともと体を動かすのが好きで、30代までは市民マラソンに出場したりと、体力には自信がありました。しかし、仕事が忙しくなるにつれ、体を動かす機会は徐々に減り、薄毛が進行してきたことで、積極的な行動をとれないこともありました。また仕事柄、多くの人たちと関わりながらプロジェクトを進めるのですが、他人の目線が気になってしまうこともありました」
そんなとき、岩本さんが出会ったのが、アデランスの新増毛「ヘアパーフェクト」だ。ヘアパーフェクトは、高い技術力によって〝究極の自然さ0を追求した増毛商品。特殊毛植え技術の採用によって実現した生え際は、間近で見られても気付かれることはない。同商品との出会いで岩本さんの生活は一変した。

家族からも好評


奥様の美穂子さんと。奥様はもちろん大学生の息子さんにもヘアパーフェクトは好評だとか


ビジネスシーンでも他人の目線が気にならず、薄毛によるストレスがなくなったという

「増毛したことを知っているのは、家族や友人、気心の知れた会社の同僚だけ。髪に対してのストレス、コンプレックスは一切消えました。軽いし、触ってみても自然で自分の髪と区別がつきません」
連続装着が可能なのもヘアパーフェクトの特長だ。
24時間自髪感覚で日常生活を過ごすことができるだけではなく、増毛したままシャンプーもできるので、汗をかくスポーツも思いのまま楽しめる。ちなみに、スーツスタイルからカジュアル、スポーツウェアまで、岩本さんの毎日の洋服をコーディネートしているのは奥様の美穂子さん。人工毛と人毛を絶妙な比率でブレンドすることで、自然な風合いとスタイリングの手軽さを実現したヘアパーフェクトであれば、ファッションを選ばない髪型のアレンジが自由自在だ。
「初めて見たときは、自然な仕上がりに驚きました。薄毛のせいで年齢よりも老けて見られることの多かった主人ですが、増毛したことで10歳は若返ったような気がします」と、美穂子さん。岩本さんも「見た目だけじゃなく、心までも若返ったのは大きいですね」とうれしそうだ。

驚きの自髪感覚で、オン・オフや年齢、洋服にとらわれない高感度スタイルを実現し、楽しみながら薄毛の悩みやコンプレックスを解決するヘアパーフェクト。そして何より家族の応援があってこその岩本さんの笑顔なのだろう。

撮影/金子正志

ヘアパーフェクト

岩本光司さんを変えた
ヘアパーフェクト」を詳しく知る