CSRレポート 第7回: 学術・文化活動

2016年4月25日

アデランスの文化芸能部門であるスタジオADは、 ウィッグを多彩な文化活動に提供することで、ウィッグの持つ可能性を広げています。
v7-01-3

アデランスグループ独自の芸能用ウィッグは、「オペラの怪人」、「美女と野獣」といった日本を代表する舞台芸術に採用され、その他さまざまな映画やテレビ、コンサートなどにおいても使用されております。


2015年には、上演15年を迎えた東宝ミュージカルの代表作『エリザベート』や名作舞台である『放浪記』、『ダンス オブ ヴァンパイア』などに、ウィッグ製作技術協力をしました。


v7-02

池田様: 「多くの人々に夢と感動を提供」という両者の共通理念


1963年、日本初のブロードウェイミュージカル『マイ・フェア・レ ディ』を弊社が製作し、その歴史の礎を築いてから半世紀。今やミュージカルの世界では、多くの優秀なスタッフ・キャストが集い、舞台設備の技術革新も伴って、そのクオリティーは大きく向上しました。


劇場空間やそこで生み出される演劇作品においては、多彩な演出表現を可能にし、我々がお客様にお届けする演目も日々進化を遂げております。


アデランス様のウィッグは、『エリザベート』を始めとする大型ミュージカルから『放浪記』のような心に迫る名作舞台まで、幅広いジャンルで俳優から大きな信頼を得て、その自然な風合いと、ヘアメイクスタッフの高い技術力により、各作品をとても豊かなものに仕上げて戴いております。


「多くの人々に夢と感動を提供する」というアデランス様の経営理念は、まさに弊社の理念とも共通しております。グローバルに広がっているアデランス様の毛髪事業やCSR活動の発展の一助として、今後も共により良い舞台製作を続けていきたいと考えております。



■活動報告■


●国際文化交流公演に協力


v7-03

アデランスは、2015 年 5月に、早稲田大学が主催する国際文化交流公演に協力しました。その際、カザフスタン国立アルマティ・バレエ学校の関係者に、当社が舞台芸術で築き上げてきたエンターテイメントウィッグについて、紹介しました。



●輝く女性の応援 タンゴ歌手の冴木杏奈様


v7-04

冴木様がパーソナリティのラジオ番組「杏奈カフェ」が、放送200回を迎えた記念にリスナーズパーティーが開催されました。ステージウィッグとして「フォンテーヌウィッグ」を提供しており、当社のデザイナーとのトークも挟みLIVE演奏を行いました。


株式会社アデランス FN営業企画部 課長 北本 典子:
「冴木杏奈さんの個性を引き出す」


ウィッグデザインを決める際には、必ず衣裳を確認させていただき、衣裳にあったイメージのウィッグをご提案しています。また、舞台等でご使用の場合は、衣裳チェンジ、ウィッグチェンジがありますので、復元性の高いデザインを心掛けています。


冴木さんはウィッグスタイルだけでなく、とてもウィッグのカラーにもこだわ る方なので、メッシュカラーであったり、 ロロックのような特殊なカラーをセレクトして更に、冴木さんの個性を引き出すように、カット・スタイルアレンジをしています。



●アカデミック機関との共同研究


v7-05-1

アデランスグループは、大学等のアカデミック機関との共同研究等で、毛髪分野に関する新たな知見を探っています。日本では、大阪大学、東京大学、東京工業大学、大分大学などと寄附講座や共同研究を行っています。

大阪大学では2006年4月より「皮膚・毛髪再生医学寄付講座」を開設。担当の板見教授と乾准教授は、ウィッグにより心理的QOLが改善されることを発表した。東京大学大学院医学系研究所 老年看護学/創傷看護学分野の真田教授と抗がん剤で脱毛された患者様のQOL改善アイテムとしてのウィッグの有用性を調査しています。



●学術研究団体への協力


v7-06

アデランスは、学術研究団体での事例研究等に「事業と一体化した戦略的CSR」が取り上げられ、講演会等での事例発表等を行っています。また、事例発表の場が専門誌や書籍等への執筆活動等にも広がっています。



●大学での特別講義


V7_111

当社の事業を通じたCSR活動は外部からも高く評価され、大学より講義やセミナーの依頼が増えています。

大学の特別講義は、東京大学、早稲田大学、明治学院大学、金沢工業大学、駿河台大学、東洋大学、東北大学、関西大学、関東学院大学などで実施しています。

2012年度2回 2013年度11回 2014年度8回 2015年度9回



●第19回日本臨床毛髪学会学術集会のセミナーを共催


v7-07

第19回日本臨床毛髪学会学術集会 (2014年11月)で、当社寄附講座である大阪大学の乾重樹准教授が、「フラーレンが拓く皮膚と毛髪の新しいナノ医学治療」のセミナーを講演しました。



●放送大学講座への講演


v7-08

「新しい時代の技術者倫理」という放送大学の講座に、技術者倫理事例として、アデランスが取り上げられました。放送では、代表取締役専務COO津村佳宏が当社のCSR経営について語り、CSR推進部長 箕輪睦夫がCSRの実際の活動について紹介しました。



●輝く女性の応援  書道家 永田紗戀(されん)様


v7-09

アデランスは、文字と絵を組み合わせた、独特の書画「花咲く書道」で評価の高い、女流書道家・永田紗戀様に、ウィッグの提供を行っています。また、当社カレンダーやポスターなどに、永田様から作品を提供いただいています。



アデランスグループは、「笑顔」や「よろこび」あふれる社会の実現をめざし、当社の強みを活かせる「毛髪・ウィッグ」領域での活動に重点を置いています。

おすすめ記事