基礎医学と臨床医学が一体となった「癌・炎症とαリポ酸研究会」

2016年1月22日

がん治療における精神的なケアとして、「安心して治療を受けてもらうためには抗がん剤による脱毛を防ぐことが重要」と説く、内視鏡外科の第一人者である北野正剛 大分大学 学長にお話を伺った。


大分大学 北野正剛 学長



インタビュー中、北野学長は「低侵襲治療」という言葉を強調した。これは単に難しい病気を治すだけでなく、身体の負担をできるだけ軽減し、その上でさらに効果的な治療を行う治療のことだ。



今までは、抗がん剤による脱毛はしょうがない、病気が治るならいいじゃないかとあまり問題にはなりませんでした。


しかし最近は、みなさんの意識も変わってきていて、脱毛や頭がピリピリすることが抑えられたら安心して治療が受けられるという患者さんの気持ちに添わなければならないと思っています。そこで私たちに何ができるのかを・・

続きを読む >>

おすすめ記事