育毛剤を使えば毛が増える?

2015年10月27日

育毛剤や養毛剤は抜け毛を予防するためのもの。使ったからといって必ず髪が増えるわけではありません。


薄毛を気にする人にとって、「髪が増える」「髪が生えてくる」という言葉ほど魅力的なものはありません。実際に市販されている養毛剤、育毛剤の中には、宣伝文句として髪の再生を謳っているものもありますが、本当に育毛剤を使えば髪が増えるのでしょうか?


何もないところに新たな髪を発生させるものはありませんが、何らかの効果が期待できるものはあるといえます。特に男性型の脱毛は何もしなければ進行しますので、育毛剤を使い続けて薄毛が進行しなければ、それも効果があったといえます。


一般的に市販されている育毛剤、養毛剤には、血行を促進する、男性ホルモンの働きを抑制する、毛母細胞を活性化する、皮脂の分泌を抑制するなどの作用があります。商品によってこれらの作用を併せ持っていたり、ひとつの作用を強化しているものなどがありますが、どれも自分に合ったものを気長に使えば効果は期待できます。


ここで言う効果とは、髪の健康なライフサイクルを確立し、抜け毛を今以上に増やさないということです。抜け毛の進行を妨げば、結果的に残る髪が多くなり「髪が増えた」と実感できるのです。


重要なのは「自分に合ったものを選ぶ」という点です。商品によって性質が違うので、たとえば皮脂の分泌過多から起こる脱毛に血行を促進する育毛剤を使っても、あまり意味がないということなのです。それどころか、合わない育毛剤を使うことは、頭皮のトラブルを招いたり、抜け毛を増やすことにもなりかねません。


自己流のケアでは、育毛剤選びにも長時間の試行錯誤をくり返さなければならないことになり、その間、抜け毛をストップさせることはできません。正しい脱毛予防をするためには、やはり専門家や医師に相談するのがいちばんの近道なのです。

おすすめ記事