頭皮が動く人は脱毛しない?血行と薄毛・抜け毛の原因

2015年6月25日

頭皮が固くて動かない状態は、血行が悪い証拠であり、脱毛を引き起こす原因だという説があります。しかし、頭皮が動くからといって必ずしも脱毛しない、とは言い切れません。
頭皮が動く人は脱毛しない?

薄毛が心配な人の自己診断の方法として、よく頭皮を手の平で押さえて前後左右に動かしてみるというものがあります。頭皮が固く突っぱってあまり動かない人は薄毛の心配があり、柔らかくよく動く人は大丈夫だというのです。みなさんも一度や二度は試してみたことがあるのではないでしょうか?


これは頭皮が硬いと血行が悪く、髪に充分な栄養が行き渡らないという理論から生まれたもので、俗説といってもある程度は根拠の考えられる話です。確かに頭皮の毛細血管はとても細く、頭皮が張ると血行不良を起こしやすいかもしれません。ただ、だからといって「頭皮の動く人はハゲない」と断定するのは間違いです。


脱毛の原因は、内的要因が複雑に関連し合うもので、「コレが抜け毛のモトだ!」と簡単に決められないこともあります。血行がよくても、他のことが原因で薄毛になる可能性は、いくらでもあるのです。


頭皮の血行をよくするために、マッサージさえしておけば抜け毛が防げると思っている人も多いようですが、専門家によるヘアケアであれば、頭皮のマッサージだけで終わることはないはず。自己流の育毛で、毎日マッサージをしているのに抜け毛が減らないと嘆いている人は、他のヘアケアもきちんと行っているか、食事や睡眠時間が不規則になっていないかなど、それ以外の面もきちんとフォローしているかどうかを見直す必要があるかもしれません。


ちなみに伸縮性があり、健康な髪の場合は、両側から引っ張っても、5%程度までは切れずに伸びます。ショートヘアでは難しいかもしれませんが、長い髪ならゴムのように伸び縮みする感触が実感できるので、試してみては。もし簡単に切れてしまうようなら、髪の健康状態があまりよくないというサインだと思ってください。

おすすめ記事