ストレスは髪の大敵 精神と抜け毛・薄毛の関係

2015年6月25日

精神的なストレスは、体の弱い部分に悪影響を及ぼします。髪が生えている頭皮は皮膚の一部なので、皮膚が弱い人はストレスを受けると薄毛になったり、脱毛してしまうこともあるのです。

ストレスは髪の大敵

男性ホルモンの分泌が多く、しかもそのホルモンに対する感受性が強い体質の人がなる「男性型脱毛症(AGA)」。一般的には若ハゲといわれるもので、早い人では10代の後半からその兆候は現れます。


症状としては、前頭部、頭頂部、額の両側から髪が薄くなり、年齢とともに進行して薄い部分の面積が広がっていくというものです。脱毛する部分は、髪の発育が悪くなり、徐々に毛が細くなり、最後には発毛しなくなるという経過をたどります。抜け毛の状態は、初期では太く長い毛が多く抜け、進行するにしたがって細く軟らかい毛になるために、逆に抜け毛は目立たなくなってきます。最終的には産毛のような細い毛が抜けますが、ここまでくると自分でもかなり薄くなったと感じるはず。ブラッシングや洗髪であまりに大量に脱毛するようなことがあったら、早めに予防したほうがいいでしょう。


しかし、この男性型脱毛症(AGA)の要因以外にも脱毛につながるとされている要因も存在します。


環境要因による脱毛を引き起こす誘因としてもっとも影響が強いのは、食生活の欧米化による栄養のかたよりだといわれています。そしてもうひとつ、注目されているのが、ストレスの存在です。


精神的なストレスは、さまざまな形で体に影響を与えます。特にその人の体の弱い部分に悪影響を及ぼすのが、最大の特徴ともいえます。消化器の弱い人は消化器系の病気になったり、皮膚が弱い人は皮膚炎になったりします。頭皮は皮膚の一部、髪はその延長線上にあるものですから、人によってはストレスの影響を受けることもあるわけです。


ストレスの原因となるもの=ストレッサーには、実にさまざまなものが考えられます。仕事や学業に関する心配事や、人間関係の悩み。引っ越しや結婚でさえ、生活の変化はすべてストレッサーになり得るといわれているほどです。


社会も情報も複雑化している現代において、ストレスのない生活をするのは無理なこと。ストレスはためずに、上手に解消するように心がけてください。


特に薄毛の悩みを持つ人にとっては、脱毛そのものがストレスの原因になりかねません。クヨクヨ悩んだり落ち込んだりして、まずます抜け毛が増えるという悪循環に陥らないように。抜け毛に限らず気になることには前向きに対処して、努力は必ず成果に結びつくという自信をもって生活することが大切です。

おすすめ記事