「食生活や通院で改善可能?」知っておきたい薄毛対策 ~その1 はじめに~

2016年12月19日

切れ毛や抜け毛、薄毛と髪にまつわる悩みを抱えている人は多いものです。この中でも、薄毛に関する悩みは特に多いにも関わらず、その対処法はわかりにくいモノばかりです。


今回のコラムでは、薄毛対策のために効果的な3つの方法「育毛」、「増毛」、「植毛」をひとつずつ解説していきたいと思います。

それぞれがどのように違うのか、一見すると分かりにくい3つの言葉ですが、これらの方法にはそれぞれ特徴があり、メリットやデメリットがありますので、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。



■食生活と薬で改善できる?「育毛」に必要な要素とは


shokuji

育毛とは「今ある自分の髪を育てる」ということで、頭皮を健康な状態に保ち、髪が生え変わるヘアサイクルを整え、健康な髪を増やすことを試みることです。自分の髪を活かす育毛にも、メリットとデメリットがあります。


育毛のメリットは、手軽に始めることができて、市販のもので対応する場合、比較的費用を抑えることができる点です。また、髪と頭皮を健康な状態にすることで、髪のハリコシが高まり、見た目のボリュームアップにもつながります。


デメリットは結果を実感するまでには時間がかかることで、個人差にもよりますが、少なくとも半年、あるいは2年から4年ほどの期間を要することもあります。また、一定の効果を得た後も、それを維持するために継続することが必要です。


次回は、「育毛剤」についてお話いたします。



>> ●その2 さまざまな種類がある「育毛剤」「発毛剤」とは?

おすすめ記事