正しい髪の毛の手入れ(ヘアケア)法|進化する育毛技術(5/6)

2015年8月13日

髪のダメージ ~見た目年齢を大きく左右する正しい髪の手入れ法~
正しい髪の毛の手入れ(ヘアケア)法

脱毛症でなくても弱々しい細い髪だとボリュームが乏しくなり、本来の年齢より上に見られてしまいます。

他にもゴワゴワとパサついて傷んだ髪であれば、相手によい印象を与えることはできません。髪は印象を大きく左右する重要な要素。正しいヘアケアでいつまでも美しい髪を保つための予防・対策をしましょう。


正しいケアを続ければ、丈夫で健康な髪はまた生えてきます。

抜け毛や薄毛の悩みとともに話題にのぼるのがヘアケアについて。抜け毛や薄毛と毛髪のダメージを一緒に考えてしまいがちですが、基本的には違います。


女性の髪の毛は6年程度の周期で何度も生え変わってきますが、生えてきた時にはダメージのない健康的な髪になって戻ってきます。ですので「髪が傷んでいるから抜け毛や薄毛になる」と直接関連づけることはできません。


しかし、頭皮や頭髪にダメージがあると炎症や湿疹、感染などを起こす可能性が高まるので、抜け毛の進行に影響を及ぼす恐れがあるとは言えます。なにより傷んだ髪では見た目の印象が悪くなりますから、抜け毛や薄毛と直接関係あるとは言えませんが、 正しいヘアケアやスカルプケアを心がけることはとても重要です。

ヘアサイクル画像 | 進化する育毛技術

髪の健康は身体の健康から。髪の健康への影響あれこれ

  【刺激の強いヘアケア】 合わないシャンプーや刺激の強いヘアケア商品は皮膚炎や湿疹、感染などにつながります。 【ストレス】 血行不良や毛母細胞の活力低下を引き起こし、毛髪にダメージを与えます。 【血行不良】 健康な髪を育てるために必要な養分が通る血管を健康な状態に保ちましょう。 【頭皮の脂】 皮脂や角栓が原因で脱毛が進行するというデータはないですが、皮膚炎の可能性が高まります。 【栄養不足】 血液中の栄養分の質が髪のダメージに大きく影響します。 【紫外線】 キューティクルのダメージから毛髪の内部構造までも壊してしまうため、髪がパサツキやすくなります。  

ヘアケアのし過ぎが、ダメージヘアの原因?

  正しい髪の毛の手入れ(ヘアケア)法 | 進化する育毛技術~ ダメージヘアは世界の中でも特に日本の女性に多いです。日本の女性はきれい好き。しかし過剰なシャンプーやブラッシング、ドライヤーの使用は、髪の表面にあるキューティクルを剥がしてしまいます。 ヘアケアのし過ぎが逆にダメージとなってしまうのです。強い熱や紫外線を避ける、髪の表面をこすらないといったことに気をつけながら、キューティクルを補修するヘアケア商品を使うことで、太く健康な髪は保たれ、ボリュームのある魅力的な髪を維持することができるのです。   抜け毛・薄毛と髪のダメージは別物。しかし、健康な髪・頭皮を保つことで髪の毛の悩みは軽減します。  

進化する育毛技術 (1/6)抜け毛や薄毛、男性型脱毛症の原因
進化する育毛技術 (2/6)セルフチェックと毎日の予防と対策
進化する育毛技術 (3/6)もし男性型脱毛症になってしまったら
進化する育毛技術 (4/6)女性の抜け毛や薄毛、脱毛症の原因
進化する育毛技術 (6/6)女性の抜け毛や薄毛の治療

おすすめ記事