Voice 社員紹介

Voice 04 社員紹介

営業(管理営業) 武田 直哉 Naoya Takeda
主に百貨店における催事でのブース出展交渉や運営管理、担当店舗の売上管理、在庫手配などを行う。販売を担うウィッグアドバイザーと密にコミュニケーションを取ることはとても重要になる。

Interview

主に担当されている仕事内容を教えて下さい。

担当する各店舗から計上される日々の売上管理と適正在庫の管理、百貨店で開催される催事へのブース出展交渉や催事場への商品や什器の搬入・ 搬出の立ち会いなどが主な仕事になります。また、出店交渉や催事の管理などがスムーズに出来るようになれば、売上計画や目標を立てることはもちろん、新規顧客の獲得についてなど売上アップのための施策を考えます。担当する店舗から「商品が不足している」という連絡を受けると、全国の倉庫や店舗から在庫を手配し確保します。その他、担当店舗を回りスタッフからの要望や意見を聞くなど、コミュニケーションを図り信頼関係を構築していくことは大事な仕事です。

どうしてアデランスに入社しましたか?

もともと営業職を希望していました。会社の名前はもちろん知っていましたが、会社説明会や先輩社員の方からお伺いしたお話を通して具体的な仕事内容を理解し、自分も挑戦したいと思い入社しました。私は小学校から大学までバドミントンを続けており、皆で協力し結果を出すことの面白さや、チームワークの大事さをスポーツから学びました。アデランスの営業の仕事は、個人の力だけではなく、店舗のスタッフと協力しながら、一丸となって成果を上げるという一体感が得られる仕事だと思います。今後は、仕事で関わる全ての人に信頼される営業になっていきたいと思います。

アデランスで働く面白さはなんですか?

担当売場の管理、販促用のDMやPOPの制作、百貨店での催事の企画・運営、さらに売上アップの施策立案など仕事の範囲が多岐に渡る点はこの仕事の面白いところです。また、早い段階から裁量を与えられ自らのアイディアを実行するなど、どんどんやらせて頂ける点はとても有難いと共に、責任と面白さの両方を感じています。
面白さとは違うのですが、売場や催事場においてお客様との新たな出会いを目の当たりにする時、それは格別に「嬉しい瞬間」であり、力が湧いてきます。

今いちばん一生懸命取り組んでいることは?

営業として多くのことを学んでいる最中ですが、まず大事にしていることは、ウィッグアドバイザーとの信頼関係を構築することです。先輩方にも「彼女たちとの信頼関係が築けないと仕事にならない」と言われているので、商品移動時のみならず、少しでも時間を作り担当店舗に足を運び、できるだけ多くのウィッグアドバイザーたちと会話をするようにしています。

My Scene

事務作業

オフィスワーク

午前中はデスクワークがメイン。出社したら担当する各店舗から計上された前日の売上を確認します。

在庫管理

在庫管理

商品の売れ行きを見極めながら、催事や各店舗の在庫調整をします。

催事の企画・管理

催事の企画・管理

催事の時には、人気の商品をどれだけ取り揃えるか、営業担当がハンドリングします。

搬入・搬出

搬入・搬出

催事場への搬入・搬出は主に百貨店の営業が終了してから。ウィッグアドバイザーと共に会場のレイアウトを決めたり、業者の作業への立ち会いなどを行います。

Page Top