Voice 社員紹介

Voice 04 社員紹介

営業(管理営業) 近藤 祥平 Syohei Kondo
主に百貨店における催事でのブース出展交渉や運営管理、担当店舗の売上管理、在庫手配などを行う。販売を担うウィッグアドバイザーと密にコミュニケーションを取ることはとても重要になる。

Interview

主に担当されている仕事内容を教えて下さい。

現在は12店舗を担当しており、メインはGMS(総合スーパー)に入っている店舗です。営業の仕事の根本は担当している店舗の売上を作ることです。売上を作るということは、一人でも多くのフォンテーヌのファンを作ることです。そのためには店舗が入っている百貨店・GMSなどの商業施設の方針を踏まえながら、キャンペーンの企画立案、催事や売場の場所を移動するための改装の提案などを担当者の方と商談していきます。提案した内容を実現していくために、担当者の方と協力をしていくのも大事なことですが、一番大事なのは実際に店舗で働いているウィッグアドバイザーとコミュニケーションを取ること。営業担当とアドバイザーが一つの方向に向っていくことで、お客様に愛されるより良いお店を作っていけると思います。アデランスの営業はフォンテーヌのウィッグとお客様を繋ぐパイプ役のようなお仕事だと思います。

どうしてアデランスに入社しましたか?

まず、就職活動をしている時には営業職をメインに見ていました。具体的にこういった仕事がやりたい!という訳ではなく色々と探していました。その中で「アデランス」という会社を知り「ウィッグを通じて女性の方々の生活を豊かにすることができる仕事」という点に魅力を感じました。説明会に出ていた先輩社員の方がすごくキラキラしていて格好良い印象を受け、この会社で働きたいなと思うようになりました。さらに選考が進み色々な方とお会いしていくうちに、社員の雰囲気や会社の良い所がたくさん見えてきて「この会社に入ろう」と決めました。入社直後は、色々とミスをしてしまい、壁にぶつかることもありましたが、そのような時には、先輩や上司の方に手助けしてもらうことが多くあり有難かったです。改めてアデランスに入社して良かったなと思います。

アデランスで働く面白さはなんですか?

「お客様にウィッグを買って頂くためにはどうすればいいか」をウィッグアドバイザーと一緒に考え、売り場を作っていく、そのプロセスが面白いです。さらに、フォンテーヌのファンを増やしていくことは、お取引先の売上の貢献に繋がる上、会社からもしっかりと評価してもらえる所です。そこに仕事のやりがいを感じます。また、売り場に立ち寄ったときに、お客様がウィッグを着けてとても満足そうなお顔をしていらっしゃるのを見ると、この仕事をやっていて良かったと、とても嬉しく思います。時にはウィッグアドバイザーやお取引先の方々と意見が分かれる時もありますが、そんな時にもとことんコミュニケーションを取り、折り合いをつけます。その結果として上手くいった時や、アドバイザーから「あなたのために頑張っているよ!」など言ってもらえた時には、疲れが吹き飛ぶ位嬉しい瞬間です。

今いちばん一生懸命取り組んでいることは?

今はGMSの店舗を一番多く持っていますが、百貨店や直営店と比べてGMSの店舗は出店して月日が浅いです。しかし、これからどんどん成長路線に乗る事業だと思っています。もっと売上を伸ばして、日本中にフォンテーヌのファンを増やして、そして、もっと多くの女性の皆さまに美しく笑顔になって頂きたいと思っています。

My Scene

事務作業

オフィスワーク

午前中はデスクワークがメイン。出社したら担当する各店舗から計上された前日の売上を確認します。

在庫管理

在庫管理

商品の売れ行きを見極めながら、催事や各店舗の在庫調整をします。

催事の企画・管理

催事の企画・管理

催事の時には、人気の商品をどれだけ取り揃えるか、営業担当がハンドリングします。

搬入・搬出

搬入・搬出

催事場への搬入・搬出は主に百貨店の営業が終了してから。ウィッグアドバイザーと共に会場のレイアウトを決めたり、業者の作業への立ち会いなどを行います。

Page Top